いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】幼い子どもを置いて離婚していた過去!「なぜ…」亡くなった母が隠していた驚きの事実……

母が亡くなり、私たち姉妹には父親の違う姉(Aさん)がいたことが分かりました。すると「会いたい」と言い出した妹。迷惑かもしれないから、そっとしておこうと言ったのですが……。妹は聞く耳を持たずSNSで相手を探し出し、勝手に連絡を取ってしまったのです。
種違いの姉後編1
妹が「会いたい」と懇願し、母が亡くなったことも伝えるとAさんは「少しだけなら」となんとか了承してくれたそうです。妹一人で会わせるのもなんだか不安で私も同席することにしました。

種違いの姉後編2
種違いの姉後編3
Aさんの心遣いが身に沁みました。妹は隣で泣いていました。最後にAさんは「お互いの生活があります。今後、どんな気持ちになるかわかりませんが、今日でお会いするのは最後になるかもしれませんね」と言って帰って行きました。暗に「これから私たちと付き合っていくつもりはない」と伝えたかったのでしょう。そして私たち姉妹は……。

種違いの姉後編4
言葉にはしませんでしたが、Aさんは多感なころには母に複雑な感情を抱いたかもしれません。私は妹に「生きていくなかでAさんや母が気持ちの整理をつけて来たことを、わざわざ掘り返すようなことはやめよう」と言い、今後はもう「腹違いのお兄さんの連絡先は探さない」と約束しました。
今回は知らなかった母の過去に触れ、母が一人の女性として生きてきた過去に思いを馳せました。家族のことは知っているようで知らない部分も多くあるのだとしみじみ思ったのでした。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【前編】幼い子どもを置いて離婚していた過去!「なぜ…」亡くなった母が隠していた驚きの事実……
母も父も再婚同士だとは聞いていましたが、お互い子どもがいたとは初耳でした。驚いた私は思わず実妹に話をしました。 私「お母さんにもお父さんにも初婚のときに子どもがいたんだね……聞いていなかったから...
【前編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……
今の夫とは子どもが3歳のときに交際をはじめました。元々同級生で、バーベキューをしたりキャンプに行ったりする地元の集まりに子どもを連れて行っていました。子どももとても懐いていて「この人なら大丈夫」だ...
【前編】使用済みのナプキンは部屋に放置、汚れた下着はそのまま洗濯機へ……旦那の連れ子がズボラすぎる
交際期間2年を経て、私は子どもがいる男性と結婚しました。 結婚した当初、旦那の連れ子は中2の女の子。旦那は結婚をする10年前に前妻と死別していました。 一緒に暮らす前はまったく気にならなかった...