いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】「転入生に志望校の推薦をとられた!」と逆恨みする姪。うちの子まで巻き込んで“いじめ”をしようとしているけれど、保護者としてできることはある?

012_中学生_Ponko_20201129使用 (1)

姪っ子が逆恨みからいじめをしようとしていることを、自分の娘を通して知ってしまった相談者さん。姪っ子の母親である義姉に相談をしても、姪っ子の肩をもつばかりのようで……相談者さんはこれからどんな対応をとればよいのでしょうか?

見て見ぬふりが、“いじめ加害者”と同罪だとみなされることも

もしかしたらその場にいたり、LINEグループに入っているだけで、娘さんも同罪だとみなされる可能性があります。

『あなたの子が加害者になって損するだけだと思う』

『義姉にもう一度通告して、どうにもならなければ学校に知らせる。子どもにはいじめをするということはどういうことになるかきちんと説明する。その上でどういう行動を取ればいいのか考えさせる』

いじめとはどういうものなのか、またいじめの先に待っているものは何なのか。まずはきちんと娘さんに伝えてみてください。今の段階で「姪っ子が大変なことをしようとしている」と相談者さんに報告ができる娘さんなのだから、きっと間違った選択はしないはずです。

大変なことになってしまう前に対処するべき

『いとこと同じ中学ってこと? それなら担任にLINEの件を報告する。何かある前に押さえ込む方が良いからね。もちろん担任には報告したのが誰かは絶対に漏らさないように口止めして義姉にはシラを切り通す』

『そういうことは学校に報告しましょう。いじめが起きてその子が自殺とかしたらどうするの? 軽く考えていてはだめだよ』

もし姪っ子の両親や姪っ子と深く話をしてみても、いじめをすることを肯定しているようであれば、いじめが本格的なものになってしまう前に先生に相談をしたほうがいいでしょう。身内可愛さに相談者さんまで事件を隠ぺいしてしまうと、想像以上のトラブルが起きる可能性もあります。

相談者さんのその後の行動は?

結局相談者さんは義姉(姪っ子の母)や義母に、「姪っ子のいじめをやめさせるように」と説得をしたようですが……残念ながら理解してもらえなかったとのこと。

『義母にも旦那からLINEのやりとりを見せましが、義姉と姪の肩を持ちます。「イジメは犯罪だよ」と旦那は言いましたが、「じゃあ横取りするようなことをした子はどうなんだ!?」と話になりません』

そのため担任の先生に現状を知ってもらいたくて、相談者さんは報告に行くことを決断したそうです。

『明日担任に相談に行こうと思います。旦那は「他人様まで巻き込んで一族の恥」だと言っています』

“いじめ”は、被害者の人生はもとより、加害者の人生も大きく狂わせます。一瞬の憂さ晴らしが、取り返しのつかないことになってしまうのです。子どもたちの未来を考えるからこそ「絶対にいじめはダメだ」、「相手ばかり責めず、自分が反省をする点を考えなさい」と教えれるような保護者になりたいものですね。

文・物江窓香 編集・古川純奈 イラスト・Ponko

関連記事

【前編】「転入生に志望校の推薦をとられた!」と逆恨みする姪。うちの子まで巻き込んで“いじめ”をしようとしているけれど、保護者としてできることはある?
いじめは一体どんなことが原因で起こるのでしょうか? もしも子どもの同級生がいじめをしようとしていたら、もしも誰かがターゲットになることを知ってしまったら……。保護者はどんな対応をするのが望まし...
「いじめをする子は友達のことを殺しているのと同じ」。大人気絵本作家のぶみさんが小学校で「いのちの授業」を実施
『ママがおばけになっちゃった!』『ママのスマホになりたい』など、これまで手掛けた本の累計発行部数が100万部を超える大人気絵本作家・のぶみさん。最新作『いのちのはな』の絵本をたずさえ、都内の小学校で「...
【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第3回 子どもに持たせた方が良いもの/持たせない方が良いもの
成長するにしたがって、子どもが欲しがるものも変化していきますね。親として、何を持たせた方が良いのか、持たせない方が良いものはあるのか、気になるところですね。今回はそんな悩みに尾木ママに答えていただきま...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
いじめの加害者が指定校推薦貰えたらしいけど