いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第3話】離婚してバラバラになった家族。口うるさい母親を捨てた小学生の長男

俺は口うるさい母さんが嫌いだった……。毎日勉強しろ、宿題しろ、うるさいし。 ゲームなんか1日1時間しかやらせてもらえない。ちっとも進まなくて、友達とも話が合わなくなってしまう。 「早く宿題しなさい!」 「片付けなさい!」 「好き嫌いしないで食べなさい!」 「早く寝なさい!」 何をするにもガミガミ、鬼みたいに眉間にしわを寄せて口を出してきて、家にいるのが息苦しかった。

【第3話】離婚してバラバラになった家族。

親子らしいまともな会話をした覚えもなく、叱られることしかなかった。オヤツだってイマドキ芋をふかしたやつって。(昔っぽい、ダサいんだよ!)

それに比べてばあちゃんの家は最高だ。ばあちゃんは優しいし、ゲームの時間とか食べ物のこととか俺の自由にさせてくれる。好きな物を買ってくれるし、好きな物を食べさせてくれる。

【第3話】離婚してバラバラになった家族。

「子どもは遊びが仕事だから~」 が、ばあちゃんの口癖。勉強なんかしなくたって、少しくらい寝るのが遅くなったって、うるさく言ってこない。口うるさい母さんは嫌いだけど、ばあちゃんが近所に住んでいてくれるのが何よりの救い。「このままばあちゃんの家で暮らせたらなー」って何度も思っていた。

そんなとき、ウチの親の離婚が決まった。

【第3話】離婚してバラバラになった家族。

まぁ父さんは前から全然家に帰ってこないし「おかしいな」とは思っていた。だから離婚には別に疑問は持たなかった。さらに父さんは「お前たちは誰と暮らしたい?」 と言った。え? これからどこで暮らすか、自分で選んでいいの? 家にいない父さんや、口うるさい母さんと暮らすなんてまっぴらごめんだ!
俺はすかさず「おばあちゃんの家に行きたい」 と言った。
(後からばあちゃんに連絡したら、喜んでくれていたみたいだった。良かった……)
姉ちゃんは父さんのところに行くようだ。うるさい母さんと居たくない俺と同じ気持ちなんだろう。

ただ母さんは驚いたような顔をして涙を流していた。泣くようなことかよ。今まで俺にどれだけ口うるさくしてきたと思ってんだよ……。俺らがいなくなって、今までのこと少しは後悔すればいいさ。
最後に母さんは言った。「困ったことがあれば、何でも言ってね……」
今さら困ることなんかねぇよ。むしろ今までの方が困ってたし。これからは自由なばあちゃんの家でのびのび暮らすんだ――!

両親の離婚はそれなりにショックだったけれど、俺は前向きにばあちゃんの家での暮らしをスタートさせた。
ところがしばらく経つと、自由な生活は良いことばかりじゃないと知ることになる……。

【第4話】へ続く。

※全5話構成でお送りします。
※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【第4話】離婚してバラバラになった家族。口うるさい母親を捨てた小学生の長男
両親の離婚が決まった。父さんは俺や姉ちゃんに向かって「お前たちは誰と暮らしたい?」 と聞いた。家にいない父さんや、口うるさい母さんと暮らすなんてまっぴらごめんだ! 俺はすかさず「おばあちゃんの家に行き...
【第1話】離婚してバラバラになった家族。口うるさい母親は子どもたちに選ばれなかった……
理想の母親ってどんな母親なんだろう……。子どもを育てれば育てるほど、自分が求めていた母親像が分からなくなってきてしまいます。私は「優しい」母親になりたかった。声を荒げて子どもたちを叱ることもなく、家族...
両親の「卒婚」に賛成!円満離婚のはずが……二人のその後は……?
両親が離婚しました。円満離婚でお互いのこれからの人生を楽しむための「卒婚」。私は大賛成でした。 ただひとつ面倒なこと……。それは、一度ですんでいた連絡を別々にしなければいけないことと気を使う...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
一生懸命やって来たんだけどな…