いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

生きていれば女性はみんな「おばちゃん」に。実際に「おばちゃん」になってみてわかったこと

「おばちゃん」にはなりたくない。筆者は若い頃、ずっとそう思っていました。でも気がつけば、「おばちゃん」と呼ばれる歳です。実際におばちゃんの年齢になってみて感じるのは、「おばちゃん」は思っていたより若いということ。「若い」の基準はそれぞれだと思うのですが、筆者は気持ちだけはものすごく若いです。そして、もちろん「おばちゃん」であると自覚もして受け入れています。そのバランスがなんとも心地よい。
「おばちゃん」。悪くないな、と思うんです。
ママスタコミュニティにも「おばちゃん」になってみてわかったことをたくさん投稿されていました。

おばちゃんになってみたら、おばちゃんじゃなかった?

「おばちゃん」の基準は年齢だけではないのかも。

『もっと大人だと思ってた。40歳になったけど気持ち的にまだまだ30代前半』

『おばさんになっていることに気づいていない』

『40歳はおばちゃんだと思ってたけど、意外と若い』

『自分はおばちゃんなのだと受け入れると、案外生きやすい』

『日常が普通に過ごせることが一番幸せだと、おばちゃんになって気が付いた』

ちょっとした出来事から、現実を知る……

あるとき突然、「おばちゃん」である現実を突きつけられたりもします。こんな経験があるあなたは、「おばちゃん」なのかもしれません。

『鏡やガラス窓に何気にうつった自分の姿にびっくりする』

『はしゃいで楽しかった次の日の疲れ』

『ビニール袋を開ける大変さ』

『思ったこと全部言っちゃう』

『いつの間にか、高校球児や新人俳優を「こんな息子ほしいわ」という目線で見ている』

健康を意識するのも「おばちゃん」には大切なこと

気持ちは若いままの人も多いでしょうが、体は正直。健康であることの大切さを感じ始めたら「おばちゃん」です。しかし健康のために何か対策が必要と気づくのもまた、大事なことです。

『腰の痛み。代謝の悪さ』

『何をしても痩せない』

『ホルモンの影響力』

『歯の大切さを知る』

『食べられないものが増えてきた……。インスタントラーメン、生クリーム、揚げ物……』

若いときには若いなりの楽しみ方があります。年齢を重ねると、その積み重ねがあるからこその人生の楽しみ方があります。永遠に若い人はいないのだから、重ねていく年齢を何歳でも楽しめる人でありたいと思いませんか? 「おばちゃん」。なかなかのパワーワードではありますが、いざなってみると、若い頃に「絶対になりたくない」と恐れていたほど悪いものではないということが分かります。むしろおばちゃんになったのなら、おばちゃんにしかできない楽しみに、ぜひ挑戦してもらいたいものです。

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・善哉あん

関連記事

【第1話:生活費2万円】娘の夫がとんでもないケチだった……もしかしてモラハラ?
娘から妊娠したと報告がありました。地元に帰って産むのか尋ねてみたら、なぜだか煮え切らぬ返事。そのうちに出産予定日が近づいてきたので、あらためて里帰りしなくて大丈夫なのか聞くと「お母さんがこっちに来て欲...
【第2話:冷水のシャワー】娘の夫がとんでもないケチだった……もしかしてモラハラ?
出産のサポートのため、娘夫婦の自宅でしばらく過ごすことにしました。そして私がお風呂を借りていたとき、事件は起こりました。 娘が無事出産を終え、赤ちゃんがうちにやってきても、娘の夫の生活は...
【第3話:産後の娘が栄養失調】娘の夫がとんでもないケチだった……もしかしてモラハラ?
娘の家から戻って1ヶ月。ある日娘とラインのやり取りをしていると……。 まず弁護士に相談しました。弁護士さんは絶句して「そんなことがあるんですね……お嬢さんが目を覚まして、無事離婚できたら...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
おばさんになって分かった事