いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】実は私、親子の幽霊と一緒にアパートに住んでいました

あの子、悪い男から逃げられてほんとうによかった……
『親子の幽霊と一緒に住んでいました(後半)130年前、私は赤子の娘と共に、自ら一生を終える選択をしました。理由は夫の暴力でした。あれから30年の月日が経ちましたが、理不尽な暴力に耐えようとする女性は後を絶ちません。そしてまた30年前の私のような女性がひとり……。

『親子の幽霊と一緒に住んでいました(前半)2
いい『親子の幽霊と一緒に住んでいました(後半)3彼女に気づいてもらうために、さまざまな手を尽くしました。すべては「私と同じ運命をたどってほしくない!」ただそれだけのため。

『親子の幽霊と一緒に住んでいました(後半)4

私は「昔の私のような女の人たち」を助けたいと思っています。みんなの幸せを願って。これからも、ここに来る弱い人たちを守っていこう。そう決めているのです。

※この作品は事実を元にしていますが、完全なノンフィクションではありません。

文、イラスト・善哉あん

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】実は私、親子の幽霊と一緒にアパートに住んでいました
これは私が独身だったころの不思議なおはなしです。 私には、付き合って2ヶ月になる彼氏がいました。ドラマのようなロマンチックな出会いをしたから、運命の相手だと信じていました。年齢的にも焦りが出てきた時...
【第一夜】わたしを睨むおばさん。あなたは誰……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
お盆の時期の話です。当時、私は高校生。 実家にお墓はなく、納骨堂にお骨を納めています。 その年のお盆のお参りは親戚2家族も来て、15人近い大人数でした。 わが家の納骨壇にお供えとお参りをすま...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧