いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第一夜】わたしを睨むおばさん。あなたは誰……? #身の毛もよだつ恐怖の体験

お盆の時期の話です。当時、私は高校生。
実家にお墓はなく、納骨堂にお骨を納めています。

その年のお盆のお参りは親戚2家族も来て、15人近い大人数でした。
わが家の納骨壇にお供えとお参りをすますと、次は納骨堂の祭壇でお坊さんにお経をあげてもらいます。
祭壇の前には椅子がいくつかありましたが人数が多かったため、祖父母と小さな子どもが椅子に座り私はその後ろと納骨壇の間に立ち、壁際に両親や叔父叔母が立ちました。

目を閉じて「ひまだな~」と思いつつ手を合わせてお経を聞いていたら、突然私の後ろの納骨壇の開いた扉がカタカタ音を立てて揺れ始めました。体がぶつかっちゃったのかと慌てて手で押さえたのですが……。
恐怖の体験パート1-1

恐怖の体験パート1-2

恐怖の体験パート1-3
我に返ってみると、にらんでいたおばさんの顔もよく思い出せません。
なのにどうして親戚のおばさんだと思っていたのでしょう。
本当に誰だったのでしょう……?

次の年のお盆は怖くて納骨堂にお参りに行けなかったのですが、そのことを父に叱られて納得いかない私だったのでした。

文、イラスト・みとうさゆ

みとうさゆの記事一覧ページ

関連記事

「あそこに何かいるよ」園バスに乗る園児が何もない場所を怖がる……! #身の毛もよだつ恐怖の体験
  文、イラスト・Michika...
旅館選びは慎重に……。温泉に沈む恐怖の塊とは #身の毛もよだつ恐怖の体験
ママスタジアムに寄せられた、あるママ実体験の怖い話。 友人と東北に旅行に来ていた投稿者のママが、旅の疲れを癒そうと宿泊予定の旅館に入るところから物語ははじまります。 なぜだか投稿者のママに...
産後の病室。わたしのベッドを揺らすのは誰……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
ママスタコミュニティに寄せられた、あるママの実体験の怖い話。 大学病院にて待望の長男を出産したばかりの投稿者のママが、病室に戻るところから物語ははじまります。 予定日を10日も過ぎてからの...