いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】亡くなった仲良しの義母の日記を発見。なんとそこには私の悪口が……!

亡くなった義母の日記には私の悪口が!
「驚いて声もでない」とはこのことです。
本当にあのお義母さんが私のことをこんな風に思っていたの? 何度もその文章を読み返しました。
【後編】亡くなった仲良しの義母の日記を発見。
日記にはとにかく「私の顔が不細工だ」と書かれていたのです。しかも、可愛がってくれた孫の顔まで本当は不細工だと思っていたことに二重三重のショックを受けました。

【後編】亡くなった仲良しの義母の日記を発見。
お義母さんを不快にさせていた私の顔……。私がショックを受けていることを知っても、旦那はお世辞もいえないくらい私を不細工だと思っているんだ……。

私がこんな顔で娘にも申し訳ない………。

【後編】亡くなった仲良しの義母の日記を発見。
私だって、頼りないと感じる相手を娘が結婚相手として連れてきたら「もっと良い人がいるんじゃない?」と心配になってしまう。声に出すか出さないか、ひと知れず日記に書くか、書かないか、それだけのことなのかもしれません。

秘密で書いていた日記を勝手に見てしまった私が悪いですし、ひとの心の奥底はきっと誰にも分からないもの。けれどもお義母さんが私に優しくしてくれた事実は変わらないと気づいたのです。
大事なのは自分が見ていたこと。いつまでも日記に縛られずに、前を向いていきたいと思います。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・べるこ

べるこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】亡くなった仲良しの義母の日記を発見。なんとそこには私の悪口が……!
お見舞いにはしょっちゅう子どもを連れて行って、できる限りのお世話をしました。それが私に良くしてくれたお義母さんへの恩返しだと思ったし、心からお義母さんのために何かをしたいと思っていました。 ...
子どもの口に戸は立てられない……子どもの何気ない言葉で嫁姑が一触即発!
これは私が小学生の頃の話です。子どもって悪気なくなんでも人に話してしまいますよね。そんな子どもの行動がきっかけで起きたちょっとした事件のお話です。 日常的な母の愚痴や悪口に近いウワサ話。私は疑問...
義実家・実家 に関する記事一覧