いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第六夜】ポスターで金縛りに?真夜中に視えてしまった幽霊の正体は!? #身の毛もよだつ恐怖の体験

私が高校生のころの話です。
当時、私には大好きなアニメがあり、そのアニメのキャラクターグッズを集めるのが趣味でした。
ある日、友人からたくさんアニメのポスターを譲り受けました。
いろんなグッズは持っていたけれど、ポスターはまだ手元になくて……。
「これは良いものを貰った!」と、さっそく私は自分の部屋の壁全面にポスターを張りました。一気ににぎやかになった壁面に私は大満足! その日はうれしい気持ちのまま就寝しました。
しかし、深夜――
【完成版】286「私の趣味が呼んだ?真夜中に起きた金縛りの正体は!?」#身の毛もよだつ恐怖の体験01

【完成版】286「私の趣味が呼んだ?真夜中に起きた金縛りの正体は!?」#身の毛もよだつ恐怖の体験02
金縛りは初めての経験でした。
私の体の上に正座をして座っている着物を着た黒髪の女性――
その女性は特に表情を変えるでもなくじーっとただ私の顔を覗き込むばかり。

私はとてつもない恐怖を感じながら、身動きを取ることもできなくて……。ひたすら「消えて!!」と願うしかありませんでした。
しばらくするとその女性は姿を消してくれたのですが、ドッと疲れてしまい、そのまま気絶するように私は眠ってしまいました。
翌朝――

【完成版】286「私の趣味が呼んだ?真夜中に起きた金縛りの正体は!?」#身の毛もよだつ恐怖の体験03
翌朝、私は母に昨夜の体験を話しました。母は私の話を聞くなり部屋の様子を見てくれました。

そしてすぐに「あぁ、だからかー。ダメよ? 壁にポスター張り過ぎたら!」とあきれたように教えてくれました。
「壁の4面にポスターを張ると良くないものを呼んじゃうって言われてるのよ~減らした方がいいんじゃない?」と。※根拠のある話ではないです。
「人間の写真じゃなくてもマンガでも呼べちゃうのねぇ」と興味深そうに母は感心していました。
実は母はオカルト好きな上に、少し「視える」人だったようです……。

私はあわててポスターをはがして部屋を元通りにしました。
「これできっともう大丈夫!!」そう思っていたのですが……

不思議な現象はしばらく続きました……。
母に至っては「幽霊の散歩道になって気に入っちゃったのかもねぇ」という始末。

事態が収まるまで、母は楽しげでしたが、弟からは事あるごことにクレームの嵐。
私の趣味がまさかこんな事態を引き起こしたかもしれないなんて……。

それ以来、すっかり部屋に張り物は避けるようになりました。

脚本・たかおぎ なる 作画・Ponko

Ponkoさんの記事一覧

関連記事

【第四夜・前編】幽霊を避けて歩く友人 私を呼ぶ声とは…… #身の毛もよだつ恐怖の体験
友人はもともと霊感が強く、 悪いものを引き寄せてしまう体質だったそうで、ずっと数珠をお守りとして身につけていました。 「お守りとしてつけてるけど、効いてるのかはわかんない。でも私はこれを取れないの...
【第三夜】娘が初めて嫌った子。すべり台のアンナちゃんは「だれ」……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
娘が幼稚園に入園し、幼稚園生活にも慣れてきたころの話です。 「今日はなにをして遊んだの? どんなお友達ができたの?」 そんな話を聞くのが日々の楽しみになりました。ところが、いつも楽しそうに園での様...
【第一夜】わたしを睨むおばさん。あなたは誰……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
お盆の時期の話です。当時、私は高校生。 実家にお墓はなく、納骨堂にお骨を納めています。 その年のお盆のお参りは親戚2家族も来て、15人近い大人数でした。 わが家の納骨壇にお供えとお参りをすま...