いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第四夜・前編】幽霊を避けて歩く友人 私を呼ぶ声とは…… #身の毛もよだつ恐怖の体験

友人はもともと霊感が強く、
悪いものを引き寄せてしまう体質だったそうで、ずっと数珠をお守りとして身につけていました。
「お守りとしてつけてるけど、効いてるのかはわかんない。でも私はこれを取れないの……」と友人は言いました。理由を聞くと……。
幽霊を避けて歩く友人前編1

幽霊を避けて歩く友人前編2

幽霊を避けて歩く友人前編3
向かって歩いてくる幽霊を避けるために、思わずパッと横に逃げる友人。
「害はないだろうけど、自分の体を通り過ぎるのは……何か嫌!」

はたから見れば「何をやってるのか?」と思われていたでしょう。しかし友人は必死です。ただひたすら幽霊を避けていました。

すると……
「あの…」と友人を呼ぶ声が聞こえてきたのです。
おそるおそる振り向くとそこには……。

後編へ続く。

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【第四夜・後編】幽霊を避けて歩く友人 振り返るとそこにいたのは…… #身の毛もよだつ恐怖の体験
霊感の強い友人はいつも幽霊を避けるように歩いていました。 大学に入学をした日「君、もしかして……」と不意に声をかけられ、おそるおそる振り返ると……初老男性が立っていました。 そ...
【第一夜】わたしを睨むおばさん。あなたは誰……? #身の毛もよだつ恐怖の体験
お盆の時期の話です。当時、私は高校生。 実家にお墓はなく、納骨堂にお骨を納めています。 その年のお盆のお参りは親戚2家族も来て、15人近い大人数でした。 わが家の納骨壇にお供えとお参りをすま...
【第二夜】亡くなった社員想いの社長。穏やかだった社長が悲しげな表情で枕元に…… #身の毛もよだつ恐怖の体験
私が入社したのは家族で経営している工場でした。 社長は会社と社員をとても大事にする方で、社員全員にお土産やお歳暮を配ってくれたり、自ら会社前の掃除をするような人でした。 しかし社長は過去に大病...