いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

児童手当をどうしている?貯金しているママ、生活費に使っているママそれぞれの声

pixta_56827179_M

子どもを育てていると「児童手当」が支給されるご家庭もあることでしょう。3ヶ月に1度まとまった金額が振り込まれる日を心待ちにしている人もいるかもしれませんね。ママスタコミュニティには児童手当をもらっているというママから、お金の使いみちについてたずねる質問がありました。

『児童手当って、使わず貯金する? うちは子どもの通帳に貯めておいて、家を出るときに渡す』

児童手当は2020年度現在、月額1万5,000円または1万円(所得制限限度額以上の人には特例給付として月額5,000円)が支給されています。最大では子ども1人あたり年間18万円を受け取ることになりますね。ママたちは児童手当として入金されたお金をどうしているのでしょう?

使わずに毎回貯金しています

まずは質問したママと同じく、すぐ使わずに「貯めている」と答えたママたちのコメントです。子どもが将来大きくなって進学や独立をすると、多額のお金が必要になるタイミングもあるかもしれません。学費を払うとき、車や家を買うときなどのために取っておき、本人の希望をかなえてあげたいと思っているようですね。

『私は同じだよ。ずっと使わず貯めてる』

『貯めてる。入学とか結婚、車購入、家購入とか将来節目で渡せたらいいな。長女はあればあるだけ遣いそうだから見極めは慎重に』

『私も貯金して家を出るときに渡そうかと。結婚式のときとかでもいいかも。未来のお嫁さんに負担かけないためにも貯めておくお金だと思ってる』

『貯金してる。学資保険と合わせて、大学の学費に使うつもりでいる』

『私も貯めてるよ。もし大学行くならそのときに使うかもしれない』

『子どもが大学とか専門学校とか行くときに足しにするために貯めてるよ』

『うちは運用してるよ。子ども名義で。留学なり家を出るときなり、必要なときに渡す予定』

『当時は使う必要がなかったから貯金したよ。本人の教習所代になった』

銀行口座からの引き落とし用

振り込まれた児童手当はそのまま引き落とし用のお金になっていると話すママもいました。水道や電気にケータイ費用、クレジットカードでの買い物代……銀行口座からは実にさまざまな代金が毎月引き落とされていくようです。入金されたと思ったら支払いにあてられていつの間にか消えている、と感じる人も。

『入ってくる口座が生活用の口座だから、入ってもいろんな引き落としに使われてるよ。子どものための貯金は別口でしてるからそれで良いと思ってる』

『ケータイの引き落とし用の通帳に振り込まれるから、私のスマホ代に消えてる』

『入ってくる口座が光熱費とか生命保険とかの引き落としと同じ口座だから、いつの間にか入っていつの間にか引き落としされてる』

また児童手当はあえてメインで使う口座とは別の口座に入るようにして、保育料や学校にかかる費用など子どものための引き落としにあてているという声もありました。

『子どもが幼稚園の頃、幼稚園の保育料をその口座からの引き落としにしちゃってた』

『うちは学校の引き落とし口座に振り込まれるようにして、給食費や修学旅行費の足しにしたよ。同じことしてるおうちが多かった。理由は指定口座がJAのみだったから入金し忘れる人が多くて未納を防ぐためだったけどね』

『子どもの学資保険の引き落としの口座に入れてる』

生活費としてすぐ使うというママも

入金された児童手当を日々の生活費として「使う」ママも多いようです。

『児童手当は普通に口座に入ったままにしてるよー。だから生活費として使ってる』

『うちは、生活費になってるよ。保険代に丸々消えてる』

『私は子どもの出費がないときは娘用の口座に移してるよ! この前のは七五三の前撮り代にありがたく使わせてもらいました』

「使う」派のママのなかには子どものために将来に備えて貯めておくべきなのかな……と迷う人もいました。しかし使うことは問題ない、貯めずに使うことはむしろ本来の支給目的にかなっているのではという声も届いています。

『本来は、オムツやミルク、衣類、学校で使うものを買うためのものだよね?』

『子どもには何かとお金かかるから、生きるのにお金が必要だから使ってね! って手当でしょ。私は子どもがまだ幼稚園児だから、幼稚園代などに使ってるよ』

『生活を安定させるためのお金だから使っても全然いいんだよ』

『児童手当って、子ども自身のためじゃなく養育する親に使いなさいって国が出してくれてるんだから、子ども絡みの出費なら使い方は間違ってないよね。衣服費だろうと塾代だろうと』

児童手当を貯めているママも使っているママも、子どものためにお金を活かそうという気持ちは同じのよう。寄せられたコメントからはそれぞれに目的をもって貯金をしたり、必要な支払い先にあてたりしていることが分かりました。

児童手当は0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に対して、「次代の社会を担う児童の健やかな成長」を助けるために支給されるもの。そのお金には「家庭等における生活の安定」のために役立ててほしいという意図もあるようです。きっと子ども本人のためのお金であると同時に、育てるママたち家族のためのお金でもあるのですね。子どもたちが元気にすくすくと育つよう、ぜひ支給されるお金を有効に使っていきたいものです。

参考:内閣府 | 児童手当

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

節約・貯金・手当て に関する記事一覧
児童手当はどう使ったらいい?ママたちの使い道とは
子どもひとりにつき、行政から月額15,000円または10,000円が支給される児童手当※1。児童手当は、0歳から子どもが中学校を卒業するまでの毎年、年3回(2月、6月、10月)にまとめて振り込まれ...
「児童手当」は貯金する?それとも使う?ママたちの使い道とは
0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給される児童手当。ママたちはどのように扱い、実際、どんなことに使っているのでしょうか。 「児童手当」とは 内閣府によると、児童手当とは、家庭...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子ども手当って、使わず貯金するものだと思ってた