いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

家ではわがまま放題の娘が、外では「お姉ちゃんらしく」頑張る理由とは?

年中さんの娘はお家ではわがまま放題です。5歳上のお兄ちゃん相手に遊んでいるときはちょっとしたことですぐギャン泣き! ときには年齢差を感じさせないほど強気にでることもあります。
ところが近所の2歳の女の子と一緒に遊ぶときはいつも、とっても「お姉ちゃん」らしくて驚かされます。

2歳のお友達は絵に描いたような「魔の2歳児」真っただなかで、娘と遊んでいても「いや!」「ダメ!」の連続です。しかし娘は相手が自分より小さいことがわかっているのか「は~い」と言うだけでニコニコと菩薩のような聖母のような笑みを浮かべます。
家ではわがまま放題の娘が、外では「お姉ちゃんらしく」頑張る理由とは?①

「2歳のお友達と遊ぶの、本当は嫌なのかな?」と娘に聞いてみると……。
家ではわがまま放題の娘が、外では「お姉ちゃんらしく」頑張る理由とは?分②

そういえば……私は娘がおもちゃをお友達に貸してあげる姿を見るたびに「えらいね!」「さすがお姉ちゃんだね!」と言っていました。
お兄ちゃんは自己主張をはっきりするタイプで、相手が自分より小さい子でも決しておもちゃを貸してあげることはなかったのです。なので娘のその姿がより新鮮に感じていました。

でも……もしかしたら娘は、本当は貸したりしたくない、まだ遊んでいたいおもちゃも「ママが褒めてくれるから頑張ろう!」と思って貸していたのかも…。

家ではわがまま放題の娘が、外では「お姉ちゃんらしく」頑張る理由とは?分③

「小さいながらも頑張っている娘」に気づけた出来事でした。

文、イラスト・なかやまねこ

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】小学校へ行けなくなってしまった娘が初めてひとりで立ちあがった日の話
4月から小学1年生になった娘。ピカピカのランドセルを背負い、元気に登校する姿を見送る私は、少し寂しくもありつつ、大きくなった背中を見つめて目頭を熱くしていました。 しかし、新学期がはじまって1週...
子連れでパン屋さんに行けた……3歳の娘に感じた成長
先日娘が3歳になりました。 正直、ここまでの子育てはかなり大変でした。わが家は1歳6か月の息子もいて年子のきょうだいになります。つい最近まで「月齢の違う赤ちゃんが2人いるような状態」だったのです...
娘のお気に入りのタオルケットを洗いたい……!嫌がる娘とママとの戦いの行方
年中さんになる娘は「生まれた頃から使っているタオルケット」がないと落ち着きません。起きているときも寝るときも、いつもそばに置いたり抱き着いたりしています。使い古したタオルケットは日に日にくたびれてボロ...