いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第7話:夫SIDE】行方不明になった夫と私の格闘日記ー家族のために頑張らなければ……ー

【第6話:妻SIDE】からのつづき
妻のゆきとは中学の同級生だった。美人でクラスでもテキパキしたリーダータイプだった彼女と再会したのは成人式のときだ。
とんとん拍子に結婚まで進み、3人の子どもにも恵まれた。3人目の子どもが生まれたとき、俺は27歳だった。妻は専業主婦になり、毎日家事に育児に頑張ってくれている。すべてうまくいっている――そう思っていたはずだった。
旦那編1-1

旦那編1-2
仕事が終わって帰路につくが、俺はいつも玄関のドアの前で立ちすくんでしまう。仕事がうまくいかなくなってから、玄関のドアを開けるのがしんどくなってしまった。帰宅すればニコニコ笑顔の妻が出迎えてくれる。元気な子どもたちもいる。部屋はキレイだし、食事も完璧だ。きっと俺の好物ばかりならんでいるだろう。
……でもそんな食事がいつしか「がんばれ」という無言の圧力に思えてしまう……。妻がつくり上げた完璧な家に帰宅すると、家族からの「期待」に応えられない自分がダメに思えて、息苦しく感じてしまうのだ。

ちょっと頭を冷やしてから帰ろう……。仕事が辛いなんて……仕事を辞めたいなんて、妻には言えない。ただでさえ3人育児で大変なのに、いつも笑顔で頑張っている妻の前で、俺は「弱っている自分」をさらけ出せずにいた。
「アイツ……中学のときから完璧だったからな……」
いつの日か公園で、缶コーヒーを飲みながらボーっとするのが最近の日課になった。少し寒いけど、頭を冷やすのにちょうどいい。深呼吸して、気持ちを整えてから帰宅する。それだけでも少し気持ちが切り替えられた。
このときはまだ、それだけで大丈夫だった……。

――3月14日の朝。家を出ようとすると、妻が追いかけてきて「あなた、ハイ、これ。ホワイトデーのお返し、買っておいてから渡しておいてね」と言って包装されたお菓子を渡してきた。

そして会社でそれを順々に配りながら「北村るみ」のデスクにやってきた。
サトル:「北村さん。これ、ホワイトデーなんですけど……」
北村るみ:「えー! ありがとう! しかもこれ、有名なスイーツじゃん」
サトル:「妻が選んでくれたから、俺はあまり詳しくなくて……」
るみ:「これ好きなんだよねー。でも義理チョコでこんないいお返しもらうの悪いな~。あ! 今夜空いてる? よかったら夕飯一緒にどう? たいしたものじゃないんだけど、奢るわよ!」
サトル:「はぁ……」
威勢よく背中を叩かれ、はじめて北村るみと夕食を食べることになった。
旦那編1-3

【第8話:夫SIDE】に続く。

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・Michika

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

【第8話:夫SIDE】行方不明になった夫と私の格闘日記ー全てをリセットしたいー
【第7話:夫SIDE】からのつづき あの日、北村るみと連絡先を交換してからたまに食事に行くようになった。とはいっても、シングルマザーの彼女の育児相談ってやつだ。決してやましいことはない。ただ、仕事や...
【第1話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー今日も夫は帰ってこない?ー
私と夫は中学校の同級生でした。 ぶっきらぼうだけど、根はとても優しい夫のことが好きだった中学生時代。当時はまだ幼くて「付き合う」までには至りませんでしたが、成人式で再会し付き合うことになり、とんとん...
旦那が不倫をしていても、妻の幸福度は変わらない!みんなはどう考える?
みなさんは旦那さんが不倫をしていたらどうしますか? 「裏切られた」と思い離婚をするママもいれば、離婚はしないけれど、悲しみと辛さで心がどうにかなってしまうほどショックだというママさんもいること...