いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

みんな戦況はどう?との質問に「戦意喪失」「惨敗」「戦線離脱」と答えたママたち。さてみんなが戦っていることは……?

pixta_63159109_M
ママスタコミュニティに突然「今の戦況はどう?」という質問が投げかけられました。ママたちからの反応はさまざまで……

『あまりの強敵に不戦敗状態』

『圧勝中です』

『もう戦う気力もない。どうすればいいの?』

『早いうちから敗北してしまった! ほんとお手上げ状態』

と、戦況はやや劣勢のようですね。さてママたちが苦戦を強いられている敵はなんなのでしょうか?

ママたちが戦っているもの……それは

『開かずのクローゼットと戦っています。捨てるっていいなと思いはじめました。ちょっとスッキリしたからやる気がでました。毎日負け戦ですが、汚部屋脱出された方もいるので、日々頑張ります』

ママスタコミュニティのママたちが戦っているもの、そう……それは“汚部屋”! 外出自粛生活で家にいる時間が増え、重い腰をあげた方も多いかもしれませんね。家の中を整理しはじめたママたちが、お互いを励まし合っているようです。開かずのクローゼットの片付けと戦っている投稿者さんの呼びかけにママたちも応えます。

『私も片付けしている。ちょっと楽しくなってきた』

『ウォークインクローゼットが歩けるようになった!』

『今日は和室を片付けた。床が見えた』

『ロボット掃除機がかけられるほどになったよ! あんなに汚部屋だったのに。ベランダも掃除機もエアコンもやっつけたよ。みんなもできる。頑張って!』

家族や友人に宣言することで、実行しやすくなることもあるでしょう。ママスタコミュニティには同じ目標に向かって頑張る“同士”がたくさんいます。お互いを励まし合うことで、最後まで戦えるように工夫しているのかもしれませんね。

戦線離脱!?現実逃避するママたちも……

どうやら手ごわい強敵に、空想の世界へ逃亡してしまったママたちもいるようです……。

『スモールライトが欲しい。使う時だけ大きくして使う』

『いらない物を家の外に出したら風の強い日に全部飛んでいってくれないかな~』

『捨てていいのか大事なのか分からなくなって、荷物のなかでいつも「もうやだー」と叫びたくなる』

『久しぶりに見つけたアルバムやマンガを読んで1日が終わる』

わかります、わかります。未来型の便利な道具があったらいいなと思ってしまいますよね。また片付け途中に懐かしいものを発見してしまい、手が止まってしまうということも“片付けあるある”ですね。しかしいつまでも逃亡してはいられません。ママたち、戻ってきてくださ~い!

片付かない部屋を前に、ママたちが悩んでいることとは?

『物の場所を決めることができない。使い勝手は悪くて、結局色々移動してしまう。結果的にやっぱり出しっぱなしになってしまう。我が家はそもそも物が多いのかな』

『とりあえずオモチャと服が多すぎる』

『空き箱がたくさんある。お菓子の空き箱って少し立派だから捨てられなくて溜め込んでしまう』

『開封してないフィギュアや1度しか着ないコート類とか、そんなものが山積み』

『物の位置が決められません。カウンターは手紙や書類であふれちゃいます。適当に物を入れた押入れとクローゼットを見るとためいきが出る』

ママたちは「物が多い」「場所が決められない」ことに悩んでいるようですね。物が多いと必要以上にため込んでしまったり、収納場所に収まりきらず出しっぱなしになったりしてしまうことも。ではどのように片付ければスッキリとした部屋に近づけるのでしょうか?

勝者からのアドバイスとは?

見事部屋が片付いたという勝者のママたちに、片付けるポイントを聞いてみましょう。

『棚は買ったらだめ。入らないものは捨てるんだよー!』

『収納を増やすと物が増えるから、棚は買わずに物を減らす!』

『綺麗に畳もうと思わなくても大丈夫。タオル、靴下、下着は所定の場所に入れるだけ。洋服はシワにならなきゃいいぐらいのパパッと適当畳みでいい。位置を決めるだけでスッキリするよ』

『2年間着ていない服は捨てる。「部屋がすっきりすると金運が良くなる」と信じてがんばれー』

見透かされたようでドキっとしてしまいますね。片付けようと思って収納を増やした、綺麗に畳むようにした、いつか着るかもしれないからとっておく……などの行動に心当たりありませんか? 勝者のママたちによると「丁寧に片付けよう」と躍起にならなくても、物を減らし位置を決めるだけでスッキリするようですよ。物が増えてしまったら、収納を増やすのではなく使っていないものは捨てるように心がけてみてはいかがでしょうか。「棚は買わずに物を減らす」という名言は、覚えておきたいですね。

今日じゃなくてもいい……いつか勝ちましょう!

『みんな頑張っているし、私も少しやろうかなって気持ちになった。外も天気いいし、あったかココア飲んで一息ついたら頑張ろうかな!』

『今週中にウォークインできないクローゼットをウォークできるよう頑張ります!』

『今まで放置していたことを後悔した。やっぱり断捨離はいいね。毎日毎日ご丁寧に散らかしてくれる人たちがいるから元に戻りそうだけど、保つように頑張る』

同じように片付けられなくて悩んでいるママや汚部屋との戦いに勝利したママのコメントを受け、頑張ろうと思った方たちもいるようです。今すぐにきれいな家にしようと焦ってしまうと、疲れ切ってしまい、現実逃避してしまうかもしれません。焦らず気長にゆっくりと、「今日は物の場所をきめよう」「明日はいるものといらないものを分けよう」「明後日は捨てよう」と、少しずつ整理してみるのはいかがでしょう。
急がば回れ。頑張るママたちが、いつか汚部屋との戦いに勝てることを願っています!

文・荻野実紀子 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どものオモチャやプリント、薬が片付けられない!片付け上手のママはどうしている?
子どもがいるとオモチャに常備薬、学校から配付されるプリントと、こまごましたものが増えることもありますよね。片付けが苦手なママにとって、毎日増える小物はとっても厄介なものになるでしょう。部屋が散らかる...
ゴミを捨てずに放置する旦那にため息がとまらない。自分で片付けさせるいい方法はある?
家のなかをいつもキレイな状態に保っておくのは、意外と大変なものではないでしょうか。自分ひとりならまだしも、小さなお子さんがいるご家庭は「なかなか思うように片付けられない」とため息をつきたくなること...
ロボット掃除機を使う前の床の片付けは、満員電車の通勤時並みのストレス!?使いこなすコツはある?
ドラム式洗濯乾燥機や食洗器などの便利家電は、忙しい子育て世帯にとって強い味方。スイッチを押すだけで、家を留守にしている間でも掃除をしてくれる"ロボット掃除機"もそのひとつでしょう。しかしロボッ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
汚部屋とたたかっている人いる?