いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】我が子が「自殺するまでいじめる」と友人を言っていた……普段は”優等生”の娘のもうひとつの顔

自殺するまでいじめるからな2
中3の娘さんが友達に対して「自殺するまでいじめるからな。覚悟していろよ」と暴言を吐いたと、ママスタコミュニティに相談を寄せてくれた投稿者さん。

実はこれまでもトラブルが……。娘さんには裏の顔がある?

『難しいのは……。娘には私に見せているのとは別の顔があって、それは今までの経験上知っていました。お友達の机を蹴ったり意地悪なことをしていると報告を受けたことがありました。今回のことで、それを私が「わかっていたよ」と突きつけていいのかという問題があります。今までだったら、娘を信じ娘にも何か事情があったんだというスタンスで話を聞いていました。ただ今回の暴言は今までの中で1番ひどく、そういう配慮をすることが難しいので、娘が私に見せている顔を潰してもいいと覚悟して注意するかを迷っています』

これまでも友達の机を蹴るなど、トラブルを起こしていたようです。それでも娘にも何か事情があると信じてきたようですが、今回ばかりは暴言というレベルを超えています。娘を叱るにあたって今までのトラブルも知っていたと伝えるかどうか投稿者さんは迷ってるそうですが、きっとそれでは親の前では良い顔をしていた娘の顔を潰すことになると迷いが生じているとのこと。他のママたちからは……。

『しっかりしろ。情けない』

『潰さないといけないに決まっている。そうじゃないと他の子が死ぬかもしれない』

『潰していいと思う。度を越すと大人や世間に許されないということを教えてあげるべきだと思う』

『娘の外の顔を知っていたのね。「娘を信じ」というのはどういうこと? 机を蹴ったり意地悪をすることの何を信じるの? その時点でやったらいけないことを教えるべきだったんじゃない?』

今回のことは娘さんの表の顔を潰してでもしっかりと対処していくべきことと考えるママも少なくありません。この意見を踏まえて投稿者さんはさらに自分の考えをコメントしてくれたのですが、それがママたちの逆鱗に触れることになってしまいました。

今回の話は聞かなかったことにしたい!?

『机を蹴っていたことに対する娘の言い分は「その子は休み時間にいつも寝ているから、もうすぐ先生が来るよと教えるために机を蹴っていた」というものでした。このときも疑わしいと思ったけれど、「私はあなたを信じている」と伝えることが大事だと思ったので、「それならもっと優しく教えてあげて。相手の子が怖がるよ」と注意をした覚えがあります。でも今回はどんな言い分が返ってきたとしても、あなたを信じているとは伝えようがなく、それなら皆さんが言うように「悪いことは悪い!」と最初から問答無用で叱って、その上で娘の言い分を聞く方がいいのかもと思いはじめています。一方で今回の話は聞かなかったことにして、娘の悩みや不満を日ごろからもっと注意深く観察していくという考えにも気持ちが傾いています』

投稿者さんは娘さんをきつく叱ることも考えていますが、一方で今回のことは聞かなかったことにして娘さんの悩みや不満に迫ろうと思っているとコメントしました。この考えにママたちからは厳しい意見が寄せられています。

『寄り添うことと見て見ぬふりは違うよ。厳しさや言い訳すら許されないときも経験させないと。私は他人に上から目線なことを言える立派な子育てをしているわけじゃないけれど、このままでは投稿者さんは大きな後悔しそうだよ』

『なかったことにするの? 本当に? 脅されて傷ついた子がいるんだよね? 本気で自殺を考えた瞬間もあったかもしれないよね? 親子で相手の子をないがしろにするの!? 親子で謝りに行かないの?!』

『これはダメだよ。きちんと話さないと向き合えないし、信じ合えないよ。避けてはダメ』

投稿者さんは今回のことは聞かなかったことにしたいと心が揺れているのですが、これに対しては他のママからストップがかかっています。投稿者さん自身が娘さんとしっかり向き合わないといけない大きな問題ですから、ここで逃げては何の解決にもならないでしょう。

娘さんを思うからこそ本気で叱ることも必要では

娘さんが友達に対して「自殺するまでいじめる」と言ったことは、とても大きな問題です。最終的に娘さんにどう接したのか、投稿者さんからのコメントはありませんでしたが、まずは親子で相手に謝罪するのが先ではないでしょうか。その上で娘さんとしっかりと話し合いをする必要があるでしょう。投稿者さんが娘さんから逃げてしまっては、この先も同じことが起きるかもしれません。友達を傷つけてしまったり、暴言のように取り返しのつかない事態を招いてしまうこともあるかもしれません……。また娘さんも学校での居場所がなくなったり、辛い思いをするのではないでしょうか。娘さんのことが本当に大切だからこそ、心から叱ることも必要ですよね。親子で腹を割って話すことで、娘さんが「言ってはいけないことがある、やってはいけないことがある」と理解してくれることを願うばかりです。

文・こもも 編集・木村亜希 イラスト・めい

関連記事

【前編】我が子が「自殺するまでいじめる」と友人へ言っていた……普段は”優等生”の娘のもうひとつの顔
中3の娘さんが友達に言った言葉に、あるママがとても悩んでいるようです。 『きっかけはグループを抜けた子とのいざこざ。その子に対して中3の娘が「自殺するまでいじめるからな。覚悟していろよ」と言った...
【前編】「私の赤ちゃんも同じ目にあってほしいの?」同時期に妊娠、死産した友人の本心とは……
多分、私も妊娠していなければもう少し気持ちに余裕があったのかなと思います。 友人が私の妊娠のことには触れずに、「どうして私がこんな目に……」とひたすら落ち込んでいる様子だったら、...
<旦那のLINEはパンドラの箱>絵文字とハートマークにゾワッ!キモッ【前編:ダメパパ図鑑】まんが
これは旦那のLINEをひらいて後悔してしまった私の話です。 家事育児に積極的な方ではありませんが、仕事を懸命にこなし、生活を支えてくれていることにとても感謝していました。2人の子どものこともとて...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
娘がお友達に言った暴言、なんて注意したらいい?