いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】「産まない」のは女としておかしい?子どものいない人生は不幸なのか……

バリキャリ独身の友人から「子どもってそんなに可愛い?」と問われました。2人の子どものママとして、そして世間一般の常識からして「子どもは可愛いよ、最高だよ」と言うべきなのかな、と思いました。
しかし、彼女はここまで正直に、ありのままの気持ちを私に話してくれた。
そんな彼女に、上っ面な返事はしたくない。私もありのままを話すことにしました。メッセージでは伝えたいことが伝わらないかも、と思い、彼女に電話をかけました。

【後編】バリキャリ独身女子が子育て中のママに尋ねたこととは?

【後編】バリキャリ独身女子が子育て中のママに尋ねたこととは?

【後編】バリキャリ独身女子が子育て中のママに尋ねたこととは?

一昔前に比べるとだいぶいろいろな選択肢が増えてきましたが、それでもやはり今でも「結婚して子どもを産むのが女の幸せ」という風潮というか、無言の圧力があるのは否めません。私は今、結婚して子どももいますが、そういう風潮や世間の圧力は、正直、鬱陶しい。
独身を謳歌したり、結婚しても子どもは持たなかったり、同性婚をしたり……いろいろな生き方があっていいと思います。多様な生き方が受け入れられる社会がいいな……と。
「結婚すべき」「子どもを産むべき」「子育ては女がすべき」「男は外で稼ぐべき」……いろいろな「べき」がすべて取り払われれば、みんなきっと、もっと自由に生きられる。
私たちの時代はまだ、難しいけれど子どもたちが生きる未来は、そんな自由で軽やかで、みんなが笑っている世の中だったらいいな、と思いました。

脚本・大島さくら 作画・nakamon

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「産まない」のは女としておかしい?子どものいない人生は不幸なのか……
その子は大企業の正社員。お給料もすごくいいみたいで、いつもブランドの服やバッグを身に付けています。都心の一等地のマンションに住み、夕食は外食が多いみたいで、SNSを見ると、おしゃれなダイニング...
妊娠したら独身の親友から「切られて」しまった話
私には、学生時代からの親友、何でも打ち明けられる親友がいました。学生時代には恋の話や、将来の夢の話……。社会人になってからは、仕事の悩み、それからやっぱり恋の話……。お互いの家に泊まり込んで、夜が更け...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧