いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

おっぱいにしこりが……まさか乳がん?乳腺外来に行くまでの葛藤と検査の体験談

おっぱいにしこりが……まさか乳がん?乳腺外来に行くまでの葛藤と検査

『年齢階級別罹患率でみた女性の乳がんは、30歳代から増加をはじめ、40歳代後半から50歳代前半でピークを迎え、その後は次第に減少します。』
『乳がんが進行すると腫瘍が大きくなり、注意深く触るとしこりがわかるようになります。ただし、しこりがあるからといって、すべてが乳がんというわけではありません。(引用:国立がん研究センターがん情報サービス)』

おっぱいにしこりが……まさか乳がん?乳腺外来に行くまでの葛藤と検査

私はぐっと息を呑みました、そして意を決して、子どもたちを夫に預け、乳腺外来を受診しました。もし乳がんだったとしても、早期発見だったら、手術や治療は辛いけれど、命は何とか助かる。1歳と3歳の子どもたちを残して、まだ死ぬわけには行かない……!

乳腺外来では、まずマンモグラフィーを撮ります。人生初のマンモグラフィーだったのですが、おっぱいをぺったんこに潰して撮影するのは想像以上に痛かったです。
「痛い? もっと楽に撮影できると思ってました? ふふ」
と、放射線技師さんがエレガントに微笑んでいました。

そして次は、乳腺専門医の触診&超音波検査です。
「8ミリのしこりをひとつ見つけました。今、細胞を採取しますね」
しこりを注射器で吸い取ります。採取されたものを見て先生はひとこと言いました。
「ぱっと見たところ、たぶん良性です。でも念のため検査に回しますね」

たぶん良性です。

まだ正式な結果は出ていませんでしたが、もうそれを聞いただけで、ほっとして天にも昇るような気持ちでした。まだまだ子ども達と一緒にいられるんだ、子どもたちの成長をこの目で見ていけるんだ……! 思わず涙が溢れそうでした。

おっぱいにしこりが……まさか乳がん?乳腺外来に行くまでの葛藤と検査

がん検診は確かにちょっと怖い。「がんです」と言わたらどうしよう……と身構えてしまうところも確かにあります。
でも、がんが「見つかる」ことは決して悪いことではありません。早期発見であればあるほど、命が助かる可能性がぐんと広がるのですから。
「私に限ってがんなんて……」と楽観視して、放置して……結果、進行してしまうのが一番怖い事です。
これからもがん検診や健康診断を定期的に受けて、子ども達のためにできるだけ長生きをしようと思います。

脚本・大島さくら 作画・nakamon

関連記事

乳がんの兆候は助産師も直感的にわかる!?妊娠前に乳がん検診に行ってほしい理由とは
有名人の乳がんに関するニュースはたびたび流れますね。乳がんの年齢別の患者数は30歳代から増加しはじめ、40歳代後半から50歳代前半でピークを迎えます。妊娠中や授乳中のママも決して無関係の話では...
授乳中に乳がんの精密検査を受けた話 母だからこそ早めに検査を
乳がん検診、受けていますか? 私は元々胸に線維腺腫(良性のしこり)があり定期的に健診へ行き経過観察をしていました。エコーやマンモグラフィ、細胞診等も経験があります。 ※エコー(超音波検査):乳房に超...
「乳がん検診」へ思い立って行った結果、涙した話
フリーアナウンサー・タレントの小林麻央さんは、2016年6月に乳がんを公表。同年9月にブログを開設し、闘病生活を綴っていました。そして2017年6月22日(木)、天命を全うされました。 夫である...