いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第2回 子どもに使ってはいけない言葉/使った方が良い言葉

今回は子育て中のママにとって必見のテーマです。子どもに向けて当たり前のように使っている言葉が、実は使ってはいけない言葉だったりします。子育てをしているママには、ぜひ読んで欲しい内容です。

子どもに対して、使ってはいけない言葉というのはありますか?

「良い子ね」という言葉は使わない方が良いわね。日本人はすぐにこの言葉を使っちゃうの。それと一緒で「お利口さんね」「お利口にできたわね」は実は使っちゃいけない言葉なの。

「良い子ね」という言葉は、どのような子に育ててしまうのですか?

小さい子にとって、お母さんは女神様と同じ。そのお母さんに「お利口にできたわね」と言われると、「ママに喜ばれたい!」という気持ちばかりが強くなってしまうの。お母さんの顔色を見て育つから、自分の感情とは別の表情や行動で“良い子”という言葉を得ようとすることを覚えてしまうの。先生に褒められたくて手を挙げる。評価されたくてニコニコする。でも本当に嬉しくて微笑んでいるのではないから、自分の感情が育っていかない子になっちゃうの。そうすると、常に大人の表情を読んで “良い子を演じる子”になってしまうのよ。それは子どもにとって、とても不幸なことね。そう「良い子ねぇ」という言葉で褒められた子は、「イイ子症候群」になってしまうんです。

「イイ子症候群」のまま成長すると、どうなるのですか?

お母さんに褒められたい、先生に褒められたいという気持ちが強すぎる子は、そのまま自分の本当の気持ちがわからない、表現できない人間に成長して、大人になってもそこからなかなか脱却できなくなるのよ。優れた人の中にもそういう人はたくさんいるわね。大人にとって都合の良い子。上司にとって都合の良い子。「良い子ね」という言葉は、そういう子どもや大人を育ててしまうんです。

「良い子ね」という言葉は、怖い言葉ですね。

簡単に使える言葉だから、子どもが何かしたら「良い子ね」という言葉をついつい使いすぎちゃっているのではないかしら。子どもって感性が優れていて、それに対しても上手に対応できちゃうの。そうすると大人たちは勘違いして、ますます「良い子ね」を使っちゃうけど、それが子どもの感性を壊してしまうことに気づいていない。

学校で「良い子にしましょう」なんて先生もよく言うけど、あれはダメ。「先生のお話をしっかり聞きましょう」と、具体的に教えてあげなくちゃダメなのよ。

では、逆に使った方が良い言葉はありますか?

言葉というより、具体的に褒めてあげること。できたことを認めてあげる。声に出して、表情に出して褒めてあげてね。例えばまだ上手にお着替えができない子が、ズボンを履いたとするでしょ? そしたら「よく履けたわね! 1人で履けたね」と、できたことを具体的に褒めてあげるの。「1人で上手に食べられたね」「上手に絵が書けたね」と、できたことを言葉にして褒めてあげることが大切。これは子どもを褒めるときの原則です。

小さい頃は「良い子ね」で通用するけど、学校に入って先生たちが評価をするようになると「良い子ね」で育った子は辛い思いをするわね。学校での評価は具体的なことから出るから。漠然と「良い子ね」で育った子は、具体的に何をすれば良いのかがわからないの。だから具体的にできたことを褒めてあげる。これが良い言葉かけです。

<尾木ママへの質問コーナー>

子どもが幼稚園で仲間外れになっているようで、「幼稚園に行きたくない」「休みたい」と言うときがあります。そうした場合、どのように対応すれば良いでしょうか。

これは、幼稚園の先生と相談することをオススメします。「今、うちの子がこういう状況なんですが、幼稚園ではどうですか?」などとね。そうすると先生は幼稚園での様子を見て、大人の目、先生の目から見た状況を把握して報告してくれる。親からも、家庭での様子や心配な点を伝える。そうやって協力し、情報交換しながら改善していくと良いと思います。幼稚園くらいのお子さんだったら、「ママと一緒に行こう」と言って通わせた方が良いかなと思います。これが小学校5年生以上で起こったら、まずは学校は休ませて、そこから先生と情報交換をした方が良いでしょう。

さて、今回のインタビューはいかがでしたか? 日常的に何気なく使ってしまっている「良い子ね」という言葉。「イイ子症候群」になってしまうなんて、驚きでした。次回のテーマは「子どもに持たせない方が良いもの/持たせたが方が良いもの」です。お楽しみに。

取材、文・上原かほり 撮影・chiai 協力・臨床教育研究所「虹」

尾木ママさんの連載

第1回 叱らない子育て論に至った理由
第2回 子どもに使ってはいけない言葉/使ったほうが良い言葉
第3回 子どもに持たせたほうが良い物/持たせないほうが良い物
第4回 子どもの心に共感しよう
第5回 ママ友だけじゃなくて、パパも巻き込んでみて!
第6回 いじめと体罰の問題について
第7回 尾木ママとして大ブレイク!
第8回 尾木ママから子育て中のママたちへのメッセージ

てるの記事一覧ページ

関連記事

【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第3回 子どもに持たせた方が良いもの/持たせない方が良いもの
成長するにしたがって、子どもが欲しがるものも変化していきますね。親として、何を持たせた方が良いのか、持たせない方が良いものはあるのか、気になるところですね。今回はそんな悩みに尾木ママに答えていただきま...
【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第4回 「子どもの心に共感しよう」
「正しい子育て」というものはないという尾木ママ。 これが正解というものがないからこそ、子育ては難しく、そして楽しいものなのかもしれません。 ーママスタのママの中にも子育てに難しさを感じてい...
【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第5回 ママ友だけじゃなくて、パパも巻き込んでみて!
ママ同士の付き合い方について悩んでいるお母さんは少なくないと思います。 どのような付き合い方が、ストレスなく楽しい毎日になるのかを尾木ママに聞いてみました。 ーママ友同士の付き合い方につい...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
第2回 子どもに使ってはいけない言葉/使ったほうが良い言葉