いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

夫の育児休業取得がとてもありがたかった話【後編】

第2子である息子の出産後に、1ヶ月の育休を取得した夫! 育休も後半戦に差し掛かり、夫と娘が風邪をひいていたある夜のこと。息子の様子がどうもおかしくて、微熱もあり顔色も悪く、なかなか寝つきません。

翌日娘共々病院に連れて行くと、息子は風邪ではないとの診断。大きな病院へと行くように言われてしまいます。上部尿路感染症と診断され、総合病院へ即入院となってしまいました。

(3)閧イ莨狙001

(3)閧イ莨狙002

(3)閧イ莨狙003

さて妻から見た夫の育休取得はというと「取ってくれてよかった〜!!」でした。

息子の入院期間をひとりでこなさなければならなかったら、私は心身をもっと弱らせていたことでしょう。
息子の入院で、夫に「低月齢期をみっちり経験してほしかった」という当初の願いは半分の時間くらいしか叶いませんでしたが、まとまった時間を娘のワンオペ育児で過ごしたことで”ひとりでやる育児の大変さ”は少しはわかってくれたかなぁと思います。

わが家に起こったようなことはそう多くはないと思うのですが、それでも、世のお父さんたちにも積極的に育休を取ってほしいと思うのです。また、もっと取りやすい社会になることを願っています。

……さらに余談ですが、夫の復帰後には、短い期間でまたもトラブルが続き突発的な休みが頻発しました。(娘のやけど、娘・私・息子のインフルエンザなど。)見かねた上司からは夫は2回目の育休取得を勧められたりもしたようです。

『ママの出産後8週間以内の期間内に、パパが育児休業を取得した場合には、特別な事情がなくても、再度、パパが育児休業を取得できます。(厚生労働省リーフレット「両親で育児休業を取得しましょう!」より)』

わが家では2回目は取得しませんでしたが、こういった制度もあるのだ、ということがもっと広まればいいなぁと思います。

文、イラスト・きたがわなつみ

前編はこちら→夫の育児休業取得がとてもありがたかった話【前編】

中編はこちら→夫の育児休業取得がとてもありがたかった話【中編】

関連記事

夫の育児休業取得がとてもありがたかった話【前編】
わが家は、妻の私はフリーランスの在宅ワーカーで、夫は会社員です。2017年生まれの娘、2018年生まれの息子がいます。 第2子(息子)出産後、夫が育児休業を1ヶ月取得しました。取得したきっかけ、...
夫の育児休業取得がとてもありがたかった話【中編】
夫は第2子である息子の出産後に、1ヶ月の育休を取得! 前半2週間は夫婦2人で協力しつつ、バタバタながら「たぶん」順調でした。なぜ「たぶん」かというと、あまり記憶に残っていないから。 というのも夫...
計画無痛分娩後すぐのトラブルは痛みではなくて出血だった……2回の無痛分娩を比べて思うこと
麻酔で陣痛が遠のいたり、結局いろんなところが痛かったりして、初めての無痛分娩はなんだかうまくいきませんでした。 『「無痛分娩」は陣痛の痛みを麻酔を使って和らげるお産の方法です(引用:厚生労働省パンフ...