いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

娘の癇癪は私の仕事が原因?落ち込むママを励ましてくれた「保育士さんの言葉」

5歳の娘は保育園に通っています。
旦那は育児に協力的ですが、激務の時期は基本的にワンオペ。私の実家も旦那の実家も遠方のため、簡単に頼ることができません。

私自身、時短で働いているのに加え、送り迎えや家事はほとんど私がやっています。忙しい毎日でしたが、家事も育児もしっかりこなそうとしてきました。
保育士1なおし 私はダメな母親だ……私のような母親に育てられてこの子は可哀想なんだ。娘のことは大好きなのに、優しい母親でいたいのに、イライラしてしまう自分がたまらなくイヤになります。

保育士2なおし

保育士3なおし
私はきっと誰かに「大丈夫」と言って欲しかったんだと思います。誰かが話を聞いてくれる、相談に乗ってくれることが本当にありがたかった…。
……いくら母親、大人でも泣きたいときは泣きたいし頼りたいときは頼りたい。ずっと張り詰めていたら動けなくなってしまいます。

あれから家事は適度に手を抜くようにしました。
そのおかげで時間も少しでき私の気持ちに余裕が生まれたのか、娘の癇癪も落ち着いてきたようです。

以降も、保育園の先生との関係は良好です。
誰かに話すことで気持ちに余裕が生まれる、そのほんの少しの余裕が育児に良い効果をもたらしてくれる。
保育士さん、ありがとうございました。

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

原案・ママスタBBS 作画・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

あまのじゃくな娘の態度に隠れている気持ちを知った日
4歳の娘は公園が大好き。疲れていても毎日1時間遊びます。正直なところ体調が悪く、なるべく早く帰りたいけれども、そう上手くはいきません。途中でおやつ休憩を挟みながらもし延々と遊び続けます。 そ...
息子の成績のことで落ち込んだ私を救ってくれたのは、まさかの息子だった?
現在中学2年生の息子。先日、個人面談がありました。 期末テストの結果を見て、落ち込む私。「私、こんな点数、とったことない……」と愕然とします。 テストの結果はよくなかったし、勉...
真のイヤイヤ期?乗り切れるように促してくれたパパの言葉
娘は言葉の発達がゆっくりだったため二歳半当時、意思表示が「泣く、怒る、叫ぶ」がほとんどでした。 買い物に行って、何か気にいらなければ泣き喚くの繰り返し。しかも声かけにも反応しない……「これがイヤ...