いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

あまのじゃくな娘の態度に隠れている気持ちを知った日

あまのじゃく1
4歳の娘は公園が大好き。疲れていても毎日1時間遊びます。正直なところ体調が悪く、なるべく早く帰りたいけれども、そう上手くはいきません。途中でおやつ休憩を挟みながらもし延々と遊び続けます。

そんなある日、もう夕方近くなのに娘が公園で遊びたがりました。当時体調が悪かった私は、とにかく早く帰りたい気持ちでいっぱいだったのです。

あまのじゃく2なんとか滑り台で遊ばせるものの、体調の悪さとイライラで私は動けませんでした。

すると遠くでみていたご家族がやってきて、ママさんと娘さん、そのおじいちゃんが私の娘と遊んでくれました。
途中で娘のオムツが下がっているのに気付いたママさんが私に声をかけてくれました。

「オムツぬれちゃってるのかも、大丈夫ですか?ママも具合平気?」と。
さらにママさんは

あまのじゃく3
私は自分の発言や態度が恥ずかしくなりました。
気をつけているはずなのに娘の気持ちを考えることができなかったことに。体調が悪くて余裕がなかったとはいえ、ぞんざいな態度は四歳児にも伝わります。

あのとき声をかけてくれたママさんの共感を示す言葉や行動で、私も娘も心が救われました。
娘のあまのじゃくは相変わらずですが、まずは娘の気持ちに寄り添って共感することを心がけています。

きっと公園に来たとき娘は「滑り台で遊ぶのは自分で決めた! だから遊ぶんだ!」と思っていて、先回りしてそれを言葉にした私に怒っていたのでしょう。
子どものあまのじゃくの裏には「自分で~したい、~をしたい」という気持ちが隠れていると気付けた出来事でした。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【前編】
言葉の発達がゆっくりな娘が2歳5ヶ月頃に行った、初めての言葉や発達の専門機関での面談のお話です。 言葉の発達がゆっくりな娘とコミュニケーションをとるために「ベビーサイン」を勧められました。ベビー...
娘のおもちゃを奪う他所の子。勘違いのママが学んだことは?
我が家の3歳の娘は、ショッピングモールのおもちゃ売り場に置いてある、おもちゃのサンプルで遊ぶのが大好き! 私も「いいなあ、可愛いおもちゃ。私も子どもだったら欲しいくらい」と思いながら、楽しく見守って...
子育てで思わず「ヤンキー化」する、新しい自分の発見
私はもともと人と言い争ったり、汚い言葉を使ったことはありませんでした。 自分で言うのも何なのですが……どちらかといえば「穏やか」な性格だと思っていました。 テレビでヤンキーの乱闘シーンなどを見ると...