いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

娘のおもちゃを奪う他所の子。勘違いのママが学んだことは?

我が家の3歳の娘は、ショッピングモールのおもちゃ売り場に置いてある、おもちゃのサンプルで遊ぶのが大好き!
私も「いいなあ、可愛いおもちゃ。私も子どもだったら欲しいくらい」と思いながら、楽しく見守っています。

そんなある日。その日もおもちゃ売り場で、娘は7歳くらいの子におもちゃを奪われます。あまりにも胸が痛んだので、おもちゃ売り場を離れた時、一緒に来ていた夫にぽつりと言いました。すると夫から、意外すぎる答えが……。


私は普段から、人が遊んでいるおもちゃを娘が奪ったりしたら、その都度ちゃんと「順番ね」「じゃ、2人で遊ぼうね」など、ちゃんと言い聞かせて来たつもりです。
親の教育とか、その子の性格が優しいとか意地悪とか、そういうのは全然関係ない。おもちゃを目の前にすると、子どもは欲望が爆発してしまって、おもちゃしか見えなくなって、つい我先に手を出してしまう。それで奪い合いになってしまう。それは、ごくごく普通の事なんだ、3歳も、7歳も、まだ「相手を思いやって譲り合う」ということはできないんだ。それが子どもなんだ。
おもちゃを奪ったり奪われたり。傷ついたり傷つけられたり。そうやって、いろいろなことを学んでいくんだね……。

それからは、娘がおもちゃ売り場でお姉さんからおもちゃを奪われるところを見ても、ぐっと息をのんで静かに成り行きを見守ることにしています。しょんぼりと肩を落とす娘を見るのは辛いですが、じっと我慢……。
そんな中、ごくたまに、とても優しいお姉さんがいたりします。
おもちゃを譲ってくれるだけでなく、操作の難しいおもちゃなんかは、遊び方を教えてくれたりして・・・そんな時は、側で見守っている私も涙が出るほど嬉しいです!
脚本・大島さくら 文、イラスト・猫田カヨ

関連記事

席に座れないと癇癪を起こす娘が、電車やバスに乗れるまで
娘は電車やバスが大好きです。動くものが好きで踏み切りで電車が通るたびに大喜び。でも実際電車に乗るとパニックになっていました。 席に座れないと癇癪を起こし、大泣きをします。自分が座れても、私やパパが一...
言葉の発達がゆっくりな娘 パパの話で知った親のフォローの仕方とは……?
言葉の発達が遅かった2歳5ヶ月の娘。言語聴覚士さんとの面談後、療育センターへ通うことになりました。 その頃から、私は毎日娘の発した言葉をメモしていました。 2歳5ヶ月頃、ある朝娘から「おはよー」と...
作ってあげたいママと受け入れてくれない娘。落ち込むママを救ってくれた存在とは……
私は昔から物作りが大好きです! なかでも手芸が好きで、ちょっとした小物や雑貨を作っては友人にプレゼントしたり、委託販売もしていました。 洋服こそ作れませんが、簡単な裾あげや修理などの洋服リメイクな...