いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

思い描いた出産が叶わなかった日。私と赤ちゃんの命を支えてくれたものは……

帝王切開1
帝王切開02

『まだ陣痛が来ない妊婦さんを早くお産へ導くことを「分娩誘発」といいます。主に薬剤(いわゆる陣痛促進剤)を使い、陣痛がない状態から分娩へと誘導します。子宮頸管が開いている場合は、メトロイリンテルというゴムの水風船のような器具を使用します』

『普通分娩(経膣分娩)をするには危険が伴う時、または母体と赤ちゃんに危機が迫った時にそれを回避するための手段が帝王切開手術です』

『「緊急帝王切開」は、分娩中の赤ちゃんの心拍異常、お産がすすまない場合などの理由で行われます』

帝王切開03
帝王切開04
帝王切開05
無事手術が終わり手術室から外の世界に戻っていくとき、夢でも見ていたかのような気分でした。(麻酔の影響があるかもしれませんが)

不思議なもので、陣痛の痛みや恐怖心というのは断片的にしか思い出せず、日が経つごとに忘れていきます。しかし5ヶ月経った今でも、あのプロの動き、助産師さんや看護師さんたちの強い表情は鮮明に私の中に残っているのです。娘の笑顔を見るたびに、助けてもらえて本当に良かったとすべてに感謝でいっぱいです。

※このエピソードは一個人の体験談です

文、イラスト・かねはまあさみ

かねはまあさみの記事一覧ページ

関連記事

「お母さんなのにおかしい」陣痛中に私を地獄に突き落とした助産師さんの一言
いざ出産の時。なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが! 必死で耐える私に...
「緊急帝王切開」になったママへ助産師さんがかけた言葉とは #あの人に今ありがとう
出産は安全と言われていても、予定通りにならないこともあります。 今回ご紹介するのは、自然分娩を希望していたのに「緊急帝王切開」で出産したママのお話。 このママは助産師さんからかけられた言葉...
妊娠経過が順調だったのに臨月に急変、帝王切開に至ったわたしの出産記録
※妊娠高血圧症候群……『妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの(日本産科婦...