いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「お母さんなのにおかしい」陣痛中に私を地獄に突き落とした助産師さんの一言

いざ出産の時。なかなかお産が進まないので、陣痛促進剤を入れることになりました。それまでも痛かったけど、点滴で入れた促進剤が効いてくるにつれて、今まで経験したことのないほどの痛みが!
必死で耐える私に助産師さんが言ったのは信じられない言葉でした。

たまらず「(痛がるのがダメなら)じゃあどうすればいいんですか!?」と声を絞り出した私に、助産師さんは「息吸って吐いて」と。具体的なアドバイスで、なんとか落ち着きを取り戻したのでした。

「お母さんになるのだから頑張らないと」は、その時の私には絶望の言葉にしか聞こえませんでした。陣痛中の呼吸の方法も習ったけれど思い出せないくらいに痛くてパニックになっていた私。「おかしい」なんて、パニックになっている人にかける言葉ではなかったような気がします。

「痛いけど頑張ろう」と言ってもらえたら……。

「お母さんだから、痛いのも苦しいのも我慢して当たり前」。この風潮がなくなればいいなと思います。

 

文、イラスト・春野さくら

関連記事

「親への妊娠報告はもう少し後で」と決めたのに……浮かれた夫が予想外の先走り
初めての妊娠がわかった時の話です。 しかしある日帰宅した夫から衝撃の一言が……。 自分たち以外に妊娠を初めて知るのがまさかの他人でとてもショックでした。マタニティハ...
乳幼児の育児で迷惑をかけないよう気を張る私。銀行員さんがくれた優しさとは
遊ぶことが大好きな娘と銀行に行った時のことです。お店にあるキッズスペースを愛する娘。一度キッズスペースを見つけると遊ぶまでは意地でも帰りません。なので外出時には急いでいるときはそこを通らないようにする...
子どもたちの先天性風疹症候群を防ぎたい!夫婦で予防接種を受けることを決めた話
妊婦さんが風疹にかかると胎児への大きな影響をもたらす可能性があることをご存じですか? 「先天性風疹症候群」といい、妊娠初期の妊婦さんが風疹に感染することで胎児も風疹ウイルスに感染し、心臓や耳、目...