いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

乳幼児の育児で迷惑をかけないよう気を張る私。銀行員さんがくれた優しさとは

遊ぶことが大好きな娘と銀行に行った時のことです。お店にあるキッズスペースを愛する娘。一度キッズスペースを見つけると遊ぶまでは意地でも帰りません。なので外出時には急いでいるときはそこを通らないようにする、時間に余裕を持って行くなど気をつけていました。

銀行にはそういった幼児向けのスペースはないと思っていたので油断していました。手続き中は大人しく待っていた娘でしたが……。

育児をしていると迷惑をかけないよういつも気を張っているので、銀行員さんの優しさが心に沁みました。私の頭の中にある”娘用マップ”に銀行のおもちゃスペースと、素敵な銀行員さんの思い出が追加された出来事でした。

文、イラスト・春野さくら

関連記事

3才前後がイイ?子どもに胎内記憶を聞いてみた結果と失敗談
小さな子どもはお母さんのお腹の中にいたときの事を覚えているという話、聞いたことありませんか? 胎内記憶というそうで、私は出産前から産まれたら聞いてみたいとずっと思っていました。 そして娘は生まれ...
人見知りで挨拶もできなかった私、おしゃべり好きな娘に影響された結果
皆さん娘のおしゃべりに皆さん優しく対応してくださるので、娘はますますご機嫌に話しかけるようになってしまいました。 そして娘が挨拶しているのに私がしないのも変かなと思い、いつの間に...
何て教える?娘がパパの”男性のシンボル”に気づいたとき
皆さんのおうちでは、パパと子どもが一緒にお風呂に入ることはありますか? 我が家では、お風呂は普段仕事でいない夫と娘の大事なコミュニケーションの場。なので夫がいるときはなるべく一緒に入ってもらって...