いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

わが子は本当に「何をやらせてもできない子」!?ママたちが、結果主義の”落とし穴”を考えた

わが子は本当に、「何をやらせても出来ない子」?ママたちが、”結果主義”の”落とし穴”
ママにとって愛しいわが子。可愛いわが子に期待する心を持つのは、ひとつの形でしょう。しかし、その期待のかけ方が難しい場合もありそうです。ママスタBBSでは、以下のような相談が持ちかけられています。

『うちの子は落ちこぼれだな、とつくづく思う。
中学1年生なんだけど、勉強そこそこ、スポーツ全くダメ、芸術のセンスなし、友達も少ない。習い事もいくつかしたけど、何年やってもなかなか昇級しなかったり……。6年続けたものもあるけど、「やってて意味ある?」というくらい結果が出ない。あっさりいちばん上の級を取って早くに辞めた子たちから、「まだそんなところ!?」と言われたこともある。うちの子の良いところ、少し前まで探してたけど、正直もう分からない……』

「隣の芝生は青い」もの。わが子を卑下しすぎかも?

わが子と周りの子を比べてしまう――。わが子を思うがゆえの、ママの悩みかもしれませんね。でも周囲と比べた結果、投稿者さんがわが子は「できない子」という風に結論づけてしまうところに、ママたちは危うさを感じるようです。

『「隣の芝生」という感じで、よその子はみんなできるように見えるんだよね(汗)』

『子どもに期待しすぎじゃないかな? 周りと比べたらキリないよ』

『わが子の良いところも分からないの?』

『高望みをしすぎない、これがいちばん。だって自分の子だもの』

健康で万事OK、なハズ!

できないことばかりに目が行ってしまうときもありますが……”当然”に思えるわが子の姿に、その子の良さや、親としての幸福が隠れている可能性を、BBSのママたちは語ります。

『うちの子はテストの点がほとんど一桁! 高校入学も危うい。だけど落ちこぼれだなんて思わないな。人には「うちの子、できないのよ~」とか言うけどさ、「健康ならいっか!」って(笑)』

『上達がゆっくりでも6年間も習い事を続けて、えらいと思うな。大げさに褒めることではないのかもしれないけど、頑張りを認めてあげようよ。親が落ちこぼれだと思っていると、子どもにも伝わっちゃうよ』

『私、大人になってみて、学歴や運動能力よりも大事なものがあると知った。いかにして「自分を大事にして生きられるか」だと思うんだよね』

『きっと周りの子ができすぎなだけだよ、比べないであげて。実際、贅沢な悩みだと思うな。上達しなくても6年間続けてえらいよ。ちゃんと学校行くのもえらいよ』

ママたちの投稿からは、お子さんの”ありのまま”を受け止めてほしいという、わが子を思う同じ母としての願いが感じられますね!

結果主義には”落とし穴”アリ?

投稿者ママのように、わが子には人並みにできてほしいとか、得意なことを見つけてほしいと願うのは、きっと親としての自然な思い。しかし一方で、結果や能力だけにとらわれていると、ママの視野はどんどんと狭まり、結果わが子はシンドイかもしれませんね。

『習い事って、趣味や楽しみだったり、学校以外の場でのコミュニケーション能力や協調性を身に付けたりできるものだと思う。目に見える結果だけで判断するのは危険に感じる』

『わが子と同じ習い事で、ひとりのママが「3年生までに育成クラスに上がれなかったら辞めさせる!」と言って、その子は本当に辞めていったよ……。見切りをつけるのも大事かもしれないけど、子どもは楽しくやっていたのに、トップレベルになれないのならNGというのは、子どもにとって酷かもね』

結果以外に目を向けると、ママに見えてくるもの

結果のみを重視せず、子どもの意思、「楽しい」と思う心、継続する姿勢など、ママがいろいろな”目”を持っていると、わが子に対するママの思いや、子ども自身の世界はグッと広がりそうです。

『うちも習い事を色々試したけど、どれもパッとしなくて。でも高校生になった今、自分で選んだダンスにすごくハマっている。自分で選んだから、うんと頑張れるみたいだし、何より楽しそう』

『うちの長男のことかと思いました(汗)。わが家は子どもに色々と習い事をさせたけど、後から入ってきた子にどんどん追い抜かされ……。でも諦めないし、人を妬んだりしないし、「〇〇くん、すごいんだよー!」と言えるわが子は、自慢の息子です。そして今や、水泳のフォームは最高に上手です! すごくゆっくりではあるけど、水泳選手のウォーミングアップに見えます(笑)』

『コツコツと地道な努力を続ける力って侮れないよね。「継続は力なり」って本当だと思う』

『社会に出ると、こういうタイプが粘り強さを見せるよね!』

今では、投稿者ママがお子さんの良いトコロを発見できていますように!

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どもの「爪を噛む癖」は何が原因?ママの愛情不足?解決するための方法とは
子どもは自分の気持ちを上手に言葉で表現することができないときもあります。自分の中に抱えた気持ちをどのように処理していいのかわからなくなって泣き出したり、暴れたりする子どももいるでしょう。抱えたスト...
子育てにガミガミは禁物?子どもを、穏やかな人に育てるために
子どもを育てていると、ときにはつい感情的に叱ってしまうこともあるかもしれません。ガミガミと怒ったことを、後悔してしまうママもいるのではないでしょうか。 『子育ては、ガミガミ言わない方が、穏やかな子に...
「成績」「将来の目標」「親の考え方」が関連!子どもの自己肯定感を高めるために知っておきたいことは
諸外国に比べて、日本の子どもたちが低いと言われる「自己肯定感」。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン、韓国、日本の7カ国における満13~29歳の若者を対象とした内閣府の調査による...
参考トピ (by ママスタジアム
うちの子は絵にかいたような分かりやすい落ちこぼれ
泣けるほど何をやらせても出来ない方のお子さんいらっしゃる方