いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

里帰り出産をしたら日に日に変わっていく実母の態度。私の何がいけなかったの……

里帰り出産をしたときの話です。妊娠がわかったとき、私は里帰り出産をしようと思い、実家の母にさっそく妊娠の報告をしました。
01
私は妊娠中から実母にお世話になれるようにお願いをしてきました。
母は私の妊娠出産を喜び、二つ返事で了承。産後、赤ちゃんのお世話を一緒にできることを心から楽しみにしていました。
そして、臨月を迎え無事男の子を出産。予定通り退院後、実家へ帰りました。
02
初めての赤ちゃんのいる生活に私は戸惑ってばかりでしたが、母がフォローしてくれて大助かり。私は、里帰りをして本当に良かったと思っていました。
しかし……
03
実家で生活をしていくうちに、母の態度が日に日に変わっていきました。私への態度が冷たくなり、赤ちゃんへも無関心になっていき……まるで人が変わったようになってしまいました。

あんなに里帰り出産を楽しみにしてくれていたのに、突然どうしたのだろう? 私はとても驚きました。

里帰りして一週間もするころには、私たちを完全に無視していました。そのうち、お酒を飲んで酔う度に「あんたらに気を使うのが疲れた! ジャマ!」「うちに転がり込んできて! 余計に金がかかって仕方ない!」と暴言まで吐くように。

私は、とても落ち着いて育児ができる環境ではないので、予定をかなり早めて里帰りを終え、自宅に帰ることにしました。

母にはよく相談をして、生活費もきちんと渡していました。それでも気を使わせてしまい、申し訳ないとは思いましたが……。私が想像していた以上に母を疲れさせてしまったみたいです。

自宅に帰ってからは夫と2人での育児となり、新米同士おぼつかないところはあります。けれど、落ち着かない実家での生活よりは、ずっと穏やかな産後を過ごせています。

たとえ実母でも、一緒に生活するということはお互いストレスもあり、すれ違いが生じることもあるのかもしれません。私はこのときの悲しい気持ちが忘れられず、母とは疎遠気味になっています。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 作画・Ponko

Ponkoの記事一覧ページ

関連記事

里帰りで2人目出産。上の子の赤ちゃん返りがひどすぎて母にまで影響が……
最近2人目を出産し、長女がお姉ちゃんになりました。 3歳の長女は、きょうだいができたことを喜んで、張り切って、赤ちゃんのお世話や抱っこをして可愛がってくれていました。 長女のそんな...
里帰り出産でも”楽”できない!?実家に帰ってきたのに気が抜けない理由は!?
と思いましたが、母は食事の準備中でキッチンにいたため、息子を見ていたのは父一人……。 よく考えたら父は息子のことを溺愛しているものの、昔は子育てに非協力でほぼノータッチ。戦力として数えるのは...
里帰り出産をしなかったママが振り返って大変だったことや準備しておいて良かったことは?
里帰り出産をする人もいれば、しないと決めている人や、本当は里帰り出産をしたいけれど何かしらの事情があってできない人などさまざまです。里帰り出産をしない人はどのように産後を乗り越えているのでしょうか? ...