いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

言葉の発達がゆっくりな娘……。赤ちゃん言葉を使わなかった「私と両親との記憶」

1歳6ヶ月検診のとき、言語聴覚士※(げんごちょうかくし)さんとの面談で言葉の発達が遅いと言われた娘。赤ちゃんとのコミュニケーション方法に使うベビーサインを活用しながら、言葉が出やすくなる訓練をしていました。

今から20年前、私の父と母が私に対して決してやらなかったことがあったのです。

言語聴覚士(ST):厚生労働大臣の免許を受け、音声機能や言語機能または聴覚に障害のある方に機能の維持向上を図る。言語訓練やその他の訓練などの必要な検査及び助言、指導などの援助を行う

赤ちゃん言葉1

母いわく「子どもであっても、お互い対等に話せるほうがいいと思う」とのこと。今思い返してみても、父と母との会話は威圧的な言い方もなく、同じ目線で話していた気がします。

赤ちゃん言葉2
赤ちゃん言葉3
父や母の声かけと言語聴覚士さんの声かけでの共通点を見つけて、私は改めて納得していました。
「対等の立場できちんとした言葉で話し、伝えること」
これは親子だけに限らず、さまざまな人間関係にもいえることではないかと思います。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

言葉の発達がゆっくりな娘が話す「短くて大事な言葉」
生後2歳半頃に初めての名詞である「パパ、ママ」を言えた娘。この頃から少しずつ欲しいものなどを言おうとしていました。 しかし、娘の言葉の覚え方が遠回りなことと、発声が不明瞭でなかなか聞き取ることができ...
言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【前編】
言葉の発達がゆっくりな娘が2歳5ヶ月頃に行った、初めての言葉や発達の専門機関での面談のお話です。 言葉の発達がゆっくりな娘とコミュニケーションをとるために「ベビーサイン」を勧められました。ベビー...
言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘が「言語発達遅滞」と診断された日
言葉の発達がゆっくりな娘が発達センターを訪れてから2ヶ月が経ち、専門医の診察を受ける事になりました。娘が2歳7ヶ月のときです。 診察当日、家族3人で病院へ向かいました。 初めは病院を怖がってい...