いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

言葉の発達がゆっくりな娘が話す「短くて大事な言葉」

生後2歳半頃に初めての名詞である「パパ、ママ」を言えた娘。この頃から少しずつ欲しいものなどを言おうとしていました。
しかし、娘の言葉の覚え方が遠回りなことと、発声が不明瞭でなかなか聞き取ることができません。
なのでしばらくは娘が欲しそうなものを見せながら判断をしていました。もちろん「ちょうだい」のベビーサインも続けていました。
短くて大事な言葉1
少しずつですが言葉の数が増えてきた娘。一番の特徴は語尾だけ話すという点でした。
例えば「チョコレート」であれば「……トっ!」というような感じです。私やパパであれば娘の仕草や表情を含めて理解できますが、他人にはどうしても通じません。それがもどかしいらしく、語尾だけを強めてダダをこねていました。
しかしたまに「チョコレート」じゃないこともあります。「ヨーグルト」だったり「トマト」だったり。判断に困ることはたくさんありました。

短くて大事な言葉2 でもそれ以来まったく言わないままの期間が続き、「ぬこー(猫)」というのみでした。語尾のみの発声や強調はずっと続いていました。

娘の語尾の強調はしばらく続いたあと、今度は言葉の最初に「あっ!」と付けるようになりました。
「あっ!パパ!あっ!ママ!」という感じです。娘の「あっ!」は物や人を確認しているようでした。
娘は慎重に物を見てしっかりと覚えようとしていたのです。
「あっ!」や語尾だけの短い言葉も、娘にはとても大事な言葉だったのです。

短くて大事な言葉3
娘にとって短い言葉は「確認して納得するためのきっかけになる言葉」でした。もともとしっかり見ようとしてじっくり物を眺める娘ですが、それに「短いけれども声を発すること」がプラスされて言葉(とくに名詞の)理解度が増していったのではないかと考えています。

娘は納得の他に安心感も欲しかったのではないかと今になって思います。
今まで表情や泣くことでしか表現できなかった娘が、声を発したり言葉にすることで注目してほしい、親の存在を確かめて安心したいという気持ちがあったんだと。

当時は意思疎通の第一歩にやっと立てたのかもと嬉しかったのを覚えています。
朝起きると指差し確認しながら毎日、パパとママを確認する娘。その姿はとても愛しかったです。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【後編】
前編はこちら。 言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘は、言葉や発達の専門機関で勧められたベビーサインでのコミュニケーションを始めることに。 初めて娘が「ちょうだい」のベビーサインができたことに驚く...
言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【前編】
言葉の発達がゆっくりな娘が2歳5ヶ月頃に行った、初めての言葉や発達の専門機関での面談のお話です。 言葉の発達がゆっくりな娘とコミュニケーションをとるために「ベビーサイン」を勧められました。ベビー...
言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘が「言語発達遅滞」と診断された日
言葉の発達がゆっくりな娘が発達センターを訪れてから2ヶ月が経ち、専門医の診察を受ける事になりました。娘が2歳7ヶ月のときです。 診察当日、家族3人で病院へ向かいました。 初めは病院を怖がってい...