いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

今日あった”幸せなこと”は何ですか?ママたちのエピソードを聞きました

A650BFCE-CF47-426C-94D3-9CDD83948A75朝起きてから夜眠るまで単調な毎日のようですが、日々のできごとは少しずつ変化しますよね。そんな日々の中で、あなたは幸せを実感する場面はありますか? ママスタBBSには、あたたかく優しい気持ちになるコメントがたくさん寄せられた投稿がありました。

『みなさん、今日1日幸せなことはありましたか?    教えてください』

筆者はこの投稿を夜寝る前に見つけて読み、とても幸せな気持ちで眠りました。そして翌朝になってまたこの投稿を見ると、コメントはすでに100を超え、その後も増え続けていました。ママたちがコメントしてくれた「今日あった幸せなこと」は、どんなことだったのか紹介したいと思います。

子どもの成長は、ママのとっておきの幸せ!

寄せられたコメントは、家族のことや仕事のこと、今日食べた美味しいものなどさまざまな分野にわたっていました。その中から特に多かったコメントは、子どもに関することでした。

『結婚して3年目にしてやっと妊娠……わかった日です』

『今朝、出産しました!    母子ともに健康!    幸せです!』

新しい命の誕生、おめでとうございます。そして新しいママの誕生もおめでとうございます!

『7ヶ月の娘が、今日初めてウサギを見て声を出して喜んでた。ほっこりした』

『1歳5ヶ月の娘が初めて自分でオムツを持ってきてくれた。ちゃんとオムツを替えるって分かってくれてたことが嬉しくて、いっぱい褒めた』

『息子がニコニコしてたから「何か幼稚園で楽しいことあった?」って聞いたら「ママが大好きだから笑顔なの!」って言ってくれたこと。それだけで今日1日が報われる』

『6歳の娘と寝る前にハグして手をつなぐ。娘が「お母さん大好き。寝るときも一緒だよ。同じ夢が見られますように」って言ってくれた。今は隣りで娘の寝息を聞いています』

『小1の娘を抱きしめたらいい匂いがした』

幼い我が子とのちょっとした会話や可愛らしい仕草は、いつまでも記憶に残しておきたいですね。子どもに手のかかる時期だからこそ、子どもの笑顔や「ママ大好き」の言葉に癒されます。

『子どもがニコニコして学校から帰ってきた。理由を聞いたら「いつも近所で会う人が、挨拶がしっかりできて偉いね。ご両親も立派なんだろうね。って褒めてくれた。ママのことも褒めてくれたのが嬉しかった」って。もう大好きって思った』

『息子が「英語楽しかったよ〜」って帰宅して、英語ペラペラしゃべりだしてドヤ顔してたのが可愛かった。サッカーで世界に行きたいから頑張るんだって。8才だからまだ素直で可愛い』

『反抗期の息子が久しぶりに「お母さん」って話しかけてきた。「遊びに行くから300円欲しい」って話だったけど』

『今日は仕事。仕事の日は小6の娘より帰宅が遅い。だけど仕事に日には幸せが待っている。私が帰宅すると娘が「ママ、おかえり〜!」って出迎えてくれ「あ〜お腹すいた。今日のご飯はなに?」っていう普通の会話からの食事。「今日も美味しいね。疲れているのにいつもありがとう」って言われる』

『息子とふたりで4000円のランチ食べた。ふたりで「美味しいね」って食べた時間が本当に幸せだった。来月から息子は独り暮らしする。寂しくて泣きそうだけど、キモがられるからお風呂でコッソリ泣いている』

我が子の成長過程は、ときには可愛いとは言い難いこともあります。反抗期の子を持つママともなれば何度となく子どもと対立したこともあるでしょう。それでも子どもの巣立ちのときには、嬉しい気持ちと同じように寂しさもこみあげてくるようです。

旦那さんがいるからこそ、我が家はとてもあたたかい

続いて旦那さんとの幸せエピソードを紹介します。

『旦那が娘に絵本を読んであげている。楽しそうなふたりを見て、なんだかしみじみ幸せだなぁと思ったよ』

『旦那が当直から帰ってきて2日ぶりに会えた』

『私は仕事で旦那は休み。仕事から帰ったら、美味しいご飯を作っててくれた。子どもたちもご飯をたくさん食べて、今日の出来事をたくさん話してくれた』

『今日も元気にお腹の赤ちゃんがポコポコ暴れていること。そして大好きな旦那が、今から甘いものを買って家に帰ってくること』

普段の生活の中で、旦那さんとはいつも仲良しでいられるとは限りませんが、このコメントのように家事や育児を支え合える夫婦って素敵ですね。

幸せなことは、美味しいものを食べたとき!

美味しいものを食べると幸せな気分になりますよね。次は美味しいものエピソードです。

『焼肉を食べに行った!    旦那と子どもが楽しそうに遊んでた』

『これから寿司を食べに行く』

『美味しい春菊をお腹いっぱい食べた。春菊大好き』

『三角チョコパイ食べた。刺身食べた。冬のポッキー食べた』

そして美味しいものを作った料理が得意なママさんたちからのコメントです。

『肉じゃがが美味しくできた。家族みんなで楽しくご飯を食べた!    これだけで明日も頑張れる〜』

『夕食に煮物を作ったんだけど、目分量で調味料を入れて一発で味が決まって「ヨッシャー!!」。それをおかわりしてくれて幸せだったよ』

『寒かったから朝から時間をかけて作ったスープをみんなお代わりしてくれた。美味いなんて言わないけど、空っぽのお皿を見ると嬉しい。幸せ。みんなの嫌いな野菜もこっそり入れたわ』

健康こそ、なにごとにも代え難い

今日1日を病気もせず、怪我もなく、無事に過ごせることは、当たり前のようですがなにごとにも代え難い幸せかもしれません。

『乳ガンの疑いがあって検査してて、今日結果が出た。大丈夫だったー!!     良性でよかったぁ』

『運動してスッキリできた!』

『普通に働けた。子どもも学校に行った。頭痛がなかった』

『娘の頭痛も治って、私の風邪も治って幸せ。健康なことって幸せだと噛み締めている』

寄せられたコメントはどれも素敵なエピソード。もしかしたら幸せは、ささやかな喜びの積み重ねなのかもしれないですね。筆者は、このコメントを読みながらとてもほっこりとした優しい気持ちでいっぱいになり、また明日頑張ろうという気持ちになりました。
今日を幸せに過ごせたことに感謝して、皆さまの明日がまた幸せでありますように!

文・間宮陽子 編集・山内ウェンディ

関連記事

自慢話じゃありません!聞いているだけで“ほっこり”幸せな気持ちになれるラブラブエピソード
「聞いてよ~うちの旦那がさ~」。 日常、ママ友や友だちと旦那さんの話をするとき、ついついこんな言い方をしてしまう筆者。 考えてみると、旦那さんの愚痴や、不満を話すことはあっても、嬉しかったこと...
今「子育てが楽しくない」と感じるあなたに……先輩ママからの言葉が沁みる
はじめてお腹に命を宿した瞬間、これから歩んでいく子どもと一緒の人生に、たくさんの夢や希望を抱いたママも多いでしょう。 しかし、あんなに憧れていた日々が手に入ったはずなのに、その”現実”に打ち砕か...
子どもが世界一幸せな国・オランダ流「イヤイヤ期の対処法」
イヤイヤ期の子どもに向き合うパパやママ。毎日大変なのは世界中どこでも共通のようです。筆者が住んでいるのは、2013年のユニセフ「子どもの幸福度」調査で1位になった国、オランダです。首都アムステルダムに...