いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

言葉の発達がゆっくりな娘が話す「娘独自の言葉や発音を認めることが大事」

言葉の発達がゆっくりな娘は、2歳半ごろでも喃語を組みあわせたような声をよく出していました。
名詞自体も少なく、親である私達でも何を言っているのかわからないこともしばしば。
療育に通い始めた当時、言語聴覚士さんや心理士さんからは「もし言い間違いをしても笑ったり、否定しない。
まずは言えた事を褒めてから「正しい言葉や発音」で返してあげてください」と言われていました。
娘独自の言葉1

当時はなかなかはっきりと「おかえり」とは言えませんでしたが、
パパにおかえりと言いたいという一生懸命な気持ちは伝わります。

そんな娘を見ていて
「そういえば、私もよく言い間違いをしていたな~」と思い出す私。
私自身も小さいときによく言いまちがえをしていて、周囲の大人に面白がってマネをされていたこと、
それが嫌でたまらなかった苦い思い出を思い出しました。

娘独自の言葉2

今思えば子供の言い間違いや、舌っ足らずな話し方は大人にとってはかわいらしく見えたんだと思います。
だけど3歳の私にとっては恥ずかしくて悔しい気持ちでいっぱいでした。

娘独自の言葉3
そういうことがあったので、娘が何か言い間違えてもなるべく冷静に反応するようにしています。
でもかわいい言い間違えや面白い言い間違えもあるので、どうしても笑いそうになってしまいますが、あまりしつこく面白がったりしないようにしています。

「娘独自の言葉や発音をまず認めること、そして否定したり笑ったりしないこと」 これだけはいつも忘れないように心がけています。
と同時に「自分も面白がられたくなかったんだよな……うん、一生懸命だった」と改めて認識したことで少し私の心も軽くなったような気がしました。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【後編】
前編はこちら。 言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘は、言葉や発達の専門機関で勧められたベビーサインでのコミュニケーションを始めることに。 初めて娘が「ちょうだい」のベビーサインができたことに驚く...
言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【前編】
言葉の発達がゆっくりな娘が2歳5ヶ月頃に行った、初めての言葉や発達の専門機関での面談のお話です。 言葉の発達がゆっくりな娘とコミュニケーションをとるために「ベビーサイン」を勧められました。ベビー...
言葉の発達がゆっくりな2歳児の娘が「言語発達遅滞」と診断された日
言葉の発達がゆっくりな娘が発達センターを訪れてから2ヶ月が経ち、専門医の診察を受ける事になりました。娘が2歳7ヶ月のときです。 診察当日、家族3人で病院へ向かいました。 初めは病院を怖がってい...