いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

適当に生きてきたことに後悔……。華やかに見える人生に隠された投稿者さんの苦悩とは

pixta_38154034_M
「自分の人生に少しの後悔もない!」と断言できる方は少ないのではないでしょうか。多かれ少なかれ誰しもが「あのとき、もっとこうしていれば……」と一度は思うものなのかもしれませんね。今回ママスタBBSにお悩みを投稿してくれたのは、自分の人生に後悔していると話してくれたママさんです。それではさっそく投稿を見てみましょう。

『親の用意してくれた環境に甘えて、適当に生きてきたことを猛烈に後悔している。幼稚園から高校までエスカレーター校、習い事ばかりして塾は行かなかったけれど、旧帝大を卒業して、わりといい会社に入った。でも人間関係がうまくいかなくて病みかけて、親に「うちの会社を手伝ったらいいじゃない」と言われ、4年で退社。
結婚して子育てが落ち着いてきて、目が覚めた。私には何もない。努力して何かした、という実績や自信。友だち(特に大学時代)はみんな、自分で人生を切り拓いているような人ばかり。子どもに手がかからなくなったら、私には本当に何にも残らない。人生をナメてかかって、享楽的に生きてきたことをいま後悔している。自業自得だから、夜、1人になると憂鬱になる。子どもには私みたいになって欲しくないと、心から思う』

幼稚園から高校まではエスカレーター式、そのまま偏差値の高い大学に入って就職も順調、そして親御さんの経営する会社に再就職。ご結婚後には子宝にも恵まれたという投稿者さん。誰もがうらやむような幸せそうな人生に見えますが、投稿者さんご本人は「自分には努力をして得たものが何もない」と悩んでいることを告白してくれました。

投稿者さんに共感!同じような境遇の方も

『私も子どもが巣立ったら何も残らない。夫を愛しているけれど、それ以外には何もない。私も空っぽな自分を感じてときどき鬱っぽくなるよ。子どもがもう少し大きくなったら、何か自分のやりたいことを見つけたり、学び直したいと思っている』

『私も適当な人生。投稿者さんと同じ感じ。小学校から高校までエスカレーターで、大学もそのまま行けたけどそれなりに良い大学に進んだ。しばらくフリーターをしたりちょっと正社員をしたりして、親の会社に入った。小さいときから特に夢もなく、ただただそれなりに器用貧乏に生きてきた』

まず集まったのは、投稿者さんのお悩みに共感するみなさんのコメントでした。周りからはとても幸せそうに見える人でも、ご本人は心になにかしらの悩みを抱えているものなのかもしれません。

投稿者さんは恵まれていると話す方も

『貧乏に育った私には自慢に聞こえてしまったよ。苦労せずに育ったんだね。でもどっちかの人生を選べるなら、投稿者さんの人生を選ぶね』

『ないものねだりじゃないの? 私は投稿者さんみたいな、人生がイージーモードな家に生まれたかった。両親は2人とも貧乏で虐待する毒親だし、そこそこいい会社になんとか入ったけれど、同僚やら先輩を出しぬき蹴落とし合い、そこそこ成功したけれど、性格の悪さに拍車もかかった。大学も大人になってから通信でなんとか卒業したような私なんて、投稿者さんに比べたら無価値だよ』

投稿者さんへの共感の声を上げる方がいる一方で、「投稿者さんは恵まれた環境にいる」と話す方も少なくありませんでした。中には、投稿者さんのお悩みを「ないものねだり」と感じる方も。”隣の芝は青い”とはよく言ったもので、他人の人生は自分のものよりも素敵なものに感じるものなのでしょうか。

後悔をする必要はない。人生はこれから!

『これからの人生をがんばろうよ!』

『これから切り開いていったらいいじゃん。まだ遅くないと思う』

『投稿者さんは、大学もしっかり卒業して親の会社でもしっかり勤めて結婚して子どももできて母親になっているんだから、後悔なんてしなくても大丈夫だよ。周りと比べるから、落ち込むんだよ。投稿者さんは投稿者さん。まだこれから! まずは、目の前のことに尽くそうよ!』

投稿者さんを励ますかのようなコメントもたくさん集まりました。「これからの人生をがんばろう」、「周りと比べなくていい」など、ポジティブな言葉たちにこちらまで元気をもらえそうですね。これらのコメントを受けて、最後は投稿者さんのこのような言葉で締めくくられていました。

『いろいろコメントをいただいて思ったのは、「自信がないから、どんな一歩も踏み出せない」ということ。もう一度自分を見つめ直してみたほうがいいのかな。コメントをくださった方々、ありがとうございました』

「新たな一歩を踏み出せないのは、自信がないからかもしれない」と気づいた投稿者さん。一度ゆっくりとご自分と向かい合うことで、何か変化が訪れるかもしれませんね。
これからの人生でいちばん若いのは、いつでも”今”の自分です。何かを始めるのに遅いことなどないのではないでしょうか。もし人生に後悔していることがあるならば、これから新しいことに取り組んでみてはいかがでしょうか?

文・motte 編集・しのむ

関連記事

「結婚前に相手の家族に会わなかった」ことが最大の後悔……!?義家族の雰囲気や性格を知っていたら結婚した?
みなさん、結婚前に相手のご両親や義家族との交流は頻繁にありましたか? 顔合わせをした程度という方もいれば、家族ぐるみで仲が良かったという方もいるかもしれませんね。ある投稿者は、結婚前に相手の家...
「なんであんなモノにお金をかけたの……」あなたが後悔したお金の使い道はなんですか?
「節約しなくては!」と、日々意識しているのに、何気なくふっと財布の紐がゆるんでしまう瞬間があります。日々の我慢のストレスなのか、気の迷いなのか……。 その理由はさまざまですが、後から「なんで...
「子育てで後悔したこと」ってある?第1位は勉強やしつけではなかった!
よく言われるのが「子育てに正解はない」という言葉です。「もしも」を考えはじめたらキリはなく、そのときどきで親子が選んできたものがその子にとっての「答え」になるのでしょう。ただ、もしかすると親にとっては...
参考トピ (by ママスタジアム
テキトーな人生を後悔してる