いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

31℃の中、5歳児を連れて30分歩いても大丈夫?賛否両論のコメントと投稿者の選択とは

pixta_42870092_M

うだるような暑さの中、お子さんを連れてお出かけすることに躊躇してしまうという方は多いのではないでしょうか。特に、最高気温が30℃以上の真夏日や35℃以上の猛暑日が連日続く状況ともなると、熱中症や体調不良などの心配はさらに増してしまうもの。ちょっとした外出に子どもを連れて行くことも悩んでしまう方もいるかもしれませんね。今回投稿してくれたママさんも、暑い日の外出について悩んでいる様子です。

『31℃の中、幼児を連れて30分歩ける?』

『ちなみに5歳。本人は「行ける」と言う』

31℃の暑い中、5歳のお子さんを連れて外を30分歩きたい……と考えている投稿者さん。お子さん本人が「歩いて行きたい」との希望を話しているようで、ママさんとしての葛藤が見え隠れしているかのような投稿でした。この投稿に対して、賛否両論のいろいろな意見が飛び交っています。

歩いても問題なし!ただし、対策はしっかりと

まずご紹介するのは、暑い日でもお子さんを連れて歩いても大丈夫! と考えているママたちのコメントです。賛成派のママたちの根拠は、大きく分けて「対策をすればOK」、「気温がそれほど高くない」という2つに分かれました。

対策が大切

『帽子を被らせて、水筒と汗拭きタオル持参で行けば大丈夫。ときどき日影で休んで、水分補給も忘れずに』

『顔が真っ赤になる前に水分補給、日陰を歩かせて、なんなら日傘をさしてやって』

『水筒を持って、帽子をかぶって、首を冷やしたら歩けそう。だって子どもたちはこの暑いのに外で遊んでいるよ(笑)。30分なら、水分補給しながらいけそう』

『帽子をかぶる、保冷剤を首に巻く、日傘をさしてあげる、途中コンビニかどこかでクールダウンをする、水分をこまめに補給する……などれば大丈夫だと思う』

暑い日に外を歩くには、しっかりとした対策が不可欠だと語ってくれたママさんたち。帽子をかぶる、水分補給をしっかりとする、首に保冷剤を巻いて冷やす……などの基本的な対策に加えて、日傘をさす、日陰を歩く、涼しい場所でクールダウンするなど、できるだけ行った方がいい対策のアドバイスもあげられました。

気温的にも大丈夫

『31℃なら大丈夫じゃない?』

『31℃ならいけると思う。対策はしっかりと』

『そのくらいの気温なら公園で遊んでいる子もいっぱいいるよ。遊園地とかにもいっぱいいる』

「31℃ならば気温的にも大丈夫では?」と話してくれた方も。31℃は決して低い気温ではありませんが、「暑さ対策をすればなんとかなる気温」だと考えている方が多いということかもしれません。しかし、「そこまで気温が高くないから……」と油断しないことが大切です。上記のアドバイス対策をしながら、お子さんの様子をしっかりみましょう。

暑い日に長時間の外出はNG!やめたほうがいいのでは

31℃の日に、子どもを連れて30分の外出は避けた方がいいと考えているママたちもたくさんいました。それでは、否定派のママたちのコメントも見ていきましょう。

『大人だけでも無理だよ。日陰に入ったり、バスに乗ったりしたい』

『無理して歩いて熱中症にさせたら大変だから、日中は歩かせたくない』

『いやー、どうだろう? 地面に近いから、幼い子は大人よりも体感温度がきついよ』

『きついな。風があるならいけるかもしれないけど、30分はきつい』

熱中症が怖いから、なるべく暑いときに外を歩かせたくないと考えているママたち。「地面に近いから、幼い子は大人よりも体感温度がきつい」というコメントがあった通り、国立成育医療研究センターのウェブページにも「子どもは大人よりも暑さに弱く、さらに身長が低いため、地面からの照り返しの影響も強く受ける」とあります。

また、中には「大人でも31℃の中を30分間歩くのは大変なのでは」というコメントも。。できることならば、暑い中外を歩かずにバスに乗ったりするほうが安心なのではないかと考えているようです。

時間をずらしたりすればOKなのでは

『子どものことを考えたら無理かな。暑い中は。夕方ぐらいなら歩けるかな』

『何のために歩くの? 時間をずらせるなら朝方の涼しいうちに……』

『ずっと日陰なら行けるけど、日向は自殺行為だな』

暑い中歩くのはNGだと考えている方の中には、外出の時間をずらして朝方や夕方の涼しい時間に出かける、ずっと日陰を歩きながら移動するなど、少しの工夫を加えることで許容範囲内になるのではないかと話してくれた方もいました。朝方や夕方ならばまだそこまで気温はあがりませんし、日向と日陰の気温は段違い。熱中症対策のためにも、少しでも暑さを避けて移動をしたいものですね。

投稿者さんの選択は?

『子ども本人が歩いて行きたいと言うので、暑さ対策をして行ってきます。次の夏には小学生になるし、行けるかな~。ありがとうございます』

さまざまな意見が交わされる中、投稿者さんはお子さんの希望通り、31℃の中を歩いてお出かけすることを選択したようです。投稿者さんのお子さんは、来年には小学生になるのだそう。お子さんの成長を見てみたいという親心もあるのかもしれませんね。

とにもかくにも、暑い日に外出をするには対策をしっかりとしたうえで、少しでも違和感を覚えたときには無理をせず、涼しいところで休みをいれつつお出かけすることを心がける必要があるのではないでしょうか。

文・motte 編集・物江窓香

関連記事

熱中症対策には子どもが自ら水分補給したくなる「ゴクトレ」で習慣づけを
暑い季節になると気になり始める「水分補給」。熱中症対策として「こまめな水分補給を」という啓蒙ポスターなどを目にするので気になりませんか。とはいえ「こまめに」とは具体的にどのくらいの回数なのでし...
夏休み中のプール開放が中止される小学校が続々!水中にも潜む熱中症の危険
かつては夏休みにつきものだった小学校も多いであろう、プール開放。しかし近年「夏休みのプール開放が中止になった」という声を聞くようになってきたと思いませんか? ママスタBBSにも学校からの「プ...
子どもの「車内熱中症」には要注意!「チャイルドシート」の暑さ対策とは
夏は屋外や屋内の暑さも気になりますが、特にこたえるのが、車の中の温度。ドアを開けるとムワッと立ち昇る熱気や、やけどしそうに熱い座席のシート……。車を出すたびにげんなりしてしまいますよね。大人で...
参考トピ (by ママスタジアム
31度の中、幼児連れて30分歩ける?