いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

「モラハラ夫に負けないくらい強い心が欲しい」心身に支障をきたした妻の望み

pixta_54744424_M

自分本位の性格の夫は、時として妻や子どもに”モラハラ”を仕掛けることがあります。

モラハラ(モラルハラスメント)とは、言葉や態度、文書などによって、人の人格や尊厳を傷つける行為のことを言います。悲しいことですが、職場や家庭内でもモラハラは起きる可能性はあるのです。

夫からモラハラを受けているというママさんからの投稿がありました。

『夫にモラハラされても負けない強い心が欲しい。モラハラされればされるほど、暴言吐かれれば吐かれるほど心が弱っていくのがわかる。落ち込む。体が重くなって動かなくなる。跳ねのけるくらい、負けない強い心が欲しい。どうしたら強くなれますか?』

夫のモラハラに徐々に心がすり減り、身体にまで影響している投稿者さん。モラハラを跳ねのけたいということですが……。本当に必要なのは”モラハラに負けない強い心”だけでしょうか?

モラハラ夫の心理は「弱いものいじめ」あなたは悪くない

「もしかして自分が悪いのでは?」モラハラを受けている人は、こんな心理になるのだそうです。ママスタBBSのママさんたちから、モラハラを受ける側のリアルな心情と体験談が寄せられました。

『モラハラされ続けてもしかして自分が悪いのではと思ってませんか? あなたは悪くありません。モラハラする人間はちょうどいい人間をさがして弱いものいじめをしているだけだと思います。あなたが強くなれば絶対にやりませんよ』

『自分の意思や発言、自信、自尊心がなくなってくるよ。さらに動悸などの身体症状も出てくる』

『いちいちまともに取り合わなければいいんだけど、耳を傾けちゃうよね。そうなのかな、確かに私もちゃんとできてないとこあるもんな、って考えちゃうよね。でも投稿者さんやモラハラ被害者がきちんとやってるかどうかはもはや問題じゃない。相手を執拗に責め立てることがおかしいの。ちゃんとできてないからってそこまで言われる筋合いはない。話し合いもできないし本当に心がすり減るよね』

『あなたは悪くないです』

相談は大事!自分を取り戻すために

「自分が悪いんじゃ……」という気持ちがある場合は、第三者に判断してもらうのが良さそうです。モラハラを受けていた筆者の友人も、夫がモラハラと思っていませんでした。ある機会に別の友人に何気なく夫のことを話してみたところ、その友人が自分のために泣いてくれたことで初めて自分の置かれている状況が異常であることに気づいたそうです。第三者の言葉は大事です。

『私もかつてそうだった。体調が悪くなりこのままじゃもっと酷くなると思った。第三者(友達と女性モラハラ相談員)に辛かったけど話してみたら、自信を取り戻したよ!! 今ではいつか仕返しする為にモラハラ夫の言う事は無視して証拠を集めてお金を貯めている。絶対、あなたは悪くないよ!!』

『まず自分の喜ぶことをするように意識しました。小さな趣味でも、天気のいい日に散歩する、美味しいケーキを食べる、好きな映画を観るなどです。あとモラハラや自己愛性パーソナリティー障害についての本を読んだりネットで検索して相手を分析した事で冷静になれました。普段から同じ空間(部屋)にいないようにする、相手が怒鳴り始めたら録音&メモ。最近は怒鳴られても暴言を吐かれても「そうなんだ……」「ああ……」「うーん……」という、無視にはならない返事だけをしています。自分のペースに持ち込めないモラハラ夫は、私の反応がないので諦めて怒鳴るのをやめました。専門家や友達に相談し、「言いなりになる必要はない。相手が怒るのは相手の責任であって私のせいではない」とわかり、怖い気持ちも薄れてきています』

モラハラ夫に対抗する術は「我慢」ではなく「反撃」

かつてもモラハラを受けていた人は、こんな手段を選んでいました。

モラハラにはモラハラで返す

モラハラとはこのように感じるものだ、と夫本人にわからせた体験談です。

『うちの夫もモラハラ夫なのかもしれないけど、モラハラにはモラハラで返しているよ。他の女性が嫁さんになったら耐えられないと思う』

『怒鳴ったり物に当たるのはしょっちゅうだけど、私を殴ったりはしないし、ほんとに何言われても、ごめーん、はいはーいで最近は済ませてるかなぁ。あまりにもうるさく言われたら、私が「うるさいうるさーい! 小姑か!」って発狂することもあるよ(笑)。たまにあなたも物投げたりしてブチ切れたらびっくりすると思うよ』

『私も最初は我慢してたよ。妊娠して仕事して体調崩した日に、「大丈夫?」よりも先に「部屋が汚い」って言われて目が覚めた。そこからは何か言われたら、「うわっモラハラだ!」って言って、家事に口出してきたら、「ゴミ捨て1つしないくせに。共働きなんだから分担する?」って言ったり、とにかく言い返していた。あとは自分が言われたらどう思うか聞いてみたり、自分と同じようなミスを夫がしたときに優しく許したあと、「私はこんな風に言われたなぁ」とチクチク嫌味。そんなことしてたら言わなくなった。むしろ私がモラハラちっくだな。本当夫といるようになってから性格悪くなったわ』

「モラハラをする程度の小さい男」と思って聞き流す

同じレベルに落ちたくない人は、暴言をただスルーしたそう。

『モラハラの程度によるけれど、私を攻撃してるなんて小さい男だなーはいはいって内心流している。外ではできる男だから、家で私をはけ口にしてるんだよ。適当に流しとけばいい。そんな未熟者と同じレベルになる事ない。って私も自己愛が強いからこう思うんだけどね』

『相手にしない。何言われても「勝手に喚いてろ」って思ってフルシカトしてるよ。モラハラがどこまでか知らないけど、うちのモラ夫はフルシカトすると反応が無いから大人しくなる。かわりに嫌がらせはエスカレートするけどね。私の知ったこっちゃない』

モラハラの知識と証拠を蓄える

知識と証拠で対抗。録音するなら専用機器だけでなく、スマホにもボイスレコーダー(Android)やボイスメモ(iPhone)、その他録音のアプリがありますよ。

『モラハラの本を読む。知識は身を助く』

『夫の暴言が始まったら録音する。証拠になるから「もっと言えー」と思えるよ(笑)』

身につけたいのはモラハラ夫に耐える心ではなく……

ここまでは”モラハラに対処する”方法でしたが、状況によっては別の強さも身につける方が良いときもあります。

『我慢せずに離れる事も強さだと思うよ。離れない限りモラハラは続く』

『離婚したほうがいいよ』

『1、モラハラの日時と内容を記録する。
2、安定した収入を得る。
こうして離婚の準備に励む。
3、モラハラされる前に嫌味でプチ逆モラハラし苦痛を凌ぐ』

『体調に支障をきたすなら離婚を視野に入れて動いた方がいいよ。せっかくの人生、無駄にするのはもったいない。幸せになる権利はあるんだから』

経済的なことや転校、転職など、モラハラに対抗するには何かと覚悟が必要ですが……。自分とお子さんが幸せになる方法が何か。勇気をもって見極めてください。

文・しらたまよ 編集・しのむ

関連記事

フードコートでモラハラを目撃!赤ちゃんを抱く妻に「食事を取りに行け」と暴言を吐く旦那
手軽に食事を楽しむことができるフードコート、便利ですよね。特に小さいお子さんがいるご家庭は、重宝している方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま食事が楽しめるので、手間も少な...
外面は「いい夫」の実態……モラハラに怯える妻の苦悩と悲しみ
家庭内の「モラル・ハラスメント(モラハラ)」は精神的DVのことです。相手を精神的に追い詰めるため外傷がなく、第三者が確認しにくいのも特徴の一つ。株式会社主婦の友社の『イマドキ夫婦白書2016』では...
ママにだって渦巻く黒い感情……「母としてブス」だと思う顔の現れるとき
食事作りに掃除に洗濯、子どもの世話に旦那の世話、ご近所付き合いにママ友付き合い、そして仕事に、雑事のあれこれ! ママたち、毎日毎日、本当にお疲れさまです。母としての日々は、きっと家族のためのことが...
参考トピ (by ママスタジアム
旦那にモラハラされても負けない強い心