いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ママにだって渦巻く黒い感情……「母としてブス」だと思う顔の現れるとき

ママたちが晒す、「母としてブス」だと思うウラの顔 
食事作りに掃除に洗濯、子どもの世話に旦那の世話、ご近所付き合いにママ友付き合い、そして仕事に、雑事のあれこれ! ママたち、毎日毎日、本当にお疲れさまです。母としての日々は、きっと家族のためのことが大半。それが尊いことだと心得ていながらも、ストレスにまみれてしまえば、ママにだって黒い感情が渦巻きます……。そんなときは、心のデトックスと称して、手に余る感情を吐き出してしまいましょう!
今回は、「母として誰にも言えない本音」と題されたBBSトピックに集まった、ママたちの胸の内を一挙大公開! クスリと笑える”あるある系”から、重めの内容だけれど共感するママも多いかもしれない”ヘビー級”まで、ママたちが「母としてブス」だと思う、みずからの顔を晒してくれました。

「家事」編

年中無休の主婦業。いくら「家族のため」の家事だと言われたって、怠け心が湧くのは当然ですよね?

『ご飯作りたくない。お菓子だけ食べて、ゴロゴロしてたい』

『もしもポテトチップスとかのお菓子が栄養満点で完全食なら、すごくラクで幸せ……。な~んて、くだらないことばかり考えてる(笑)』

『一日何もしないで、ボーッとしてたい』

「夫・異性関係」編

旦那に失望したママに、旦那以外の男性との恋を夢見るママ。異性にまつわる事柄において、ママたちの胸の内は、案外忙しいようで…?

『旦那はいい人よ、でも私とは合わない。モラハラの気が出てきたから。あの人を好きだという誰かが、さらって行ってくれたらいいのに』

『たまには女として見られたいな~』

『もう一度、ときめくような恋をしてみたい』

「ママ友関係」編

ママになれば、なかなか避けて通れないのが「ママ友関係」。フクザツな側面をもつママ友関係に、疲労感を覚えるママは少なくないハズです。

『子どもは可愛くて大好き。でも、ママ友付き合いが死ぬほど嫌。やっと女の集団とサヨナラできたと思ったのに……これ、いつまで続くの?』

『参観日が嫌い。よく「参観日は子どものために行くんです。母親のためじゃない」という理屈があるけど、あれも嫌いだわ。常識のない人と関わる精神的負担がセットなのにさ。父親は行かなくても非難されないのに、母親が行かないと叩かれるのはなぜ?』

「子育て」編

母としての本音ということで、やはり子育てに関する告白が数多く寄せられました!

「子どもの相手って、大変なんです」

大切なわが子には、親からの愛情をたくさん受けて大きくなってほしい――だからママは、子どもにできるだけ優しく応対します。でも、表面上は穏やかでも胸中はそうでもないこと、結構ありますよね?

『仕事から疲れて帰り、休む間もなく夕食の準備に取りかかっている中、子どもからの話しかけがウザいときがある。「女優か!」ってほどの作り笑顔が子どもにバレないように、今日もスマイル全開』

『忙しくてドタバタしていて、◯時までには家を出なきゃ! というときに4歳の息子が「ねぇねぇ! お母さん! ねぇねぇ!」、「……何?」、「トラとワニ、どっちが強いと思う?」……。心底どーーーっでもいい!』

『「息子、元気で留守がいい」』

「母として”キャパオーバー”を痛感。お手上げです」

「わが子はこの上なく愛しい」――そう思うのに、綺麗事だけではない育児の現実は厳しくて、ママたちは袋小路におちいる感覚に襲われます。この気持ち、ママとしてはかなりシンドイものです。

『2人の子どもがやっと小学校にあがったのに、想定外の3人目。出産して、たしかに可愛いのだけど……今後の大変さを想像するほど、気が遠のく。このシンドイ気持ちも想定外で、自分が嫌になる』

『子育て失敗した。うまくママになれない。2人目は絶対ムリ。自分の好きなことだけしていたい。子育てウンザリだ。息子よ、ごめん』

『疲れた。親として当たり前にやることが多くて、もう全てを投げ出したい。子どもを守りたい一心で頑張ってきたけど……来年もまた役員決めがあって、懇談会や親子遠足があって、毎日の送迎があるんだと思うと、頑張れそうにない。母親が休むって、病気か死ぬ以外で許されない感じがあるよね? ただただ休みたい。笑顔で子どもの話を聞いてあげられるようになりたい……』

『子どものことは心底愛しているんだけどさ、たまにはひとりになりたい。独身時代みたいに、自分だけのために生きていたい。出産してから、私の人生なのに主人公役を子どもにとられている感覚。子どもに手がかからなくなったら、この気持ちも変わるんだろうか?』

『平日は仕事が忙しい。週末は習い事をハシゴして、子どもに「プールに連れて行け」だの言われ、大変。そして、週明けまた仕事。何もやる気が出ない、引きこもりたい。生きててもシンドイ』

『お母さんを卒業したい』

『全てを投げ出してどこかに行きたい』

『母親だって自分の人生は自分のもんだ。「子どものため」とか「家族のため」とか、そんなのはただの綺麗事だ! と最近思う』

じつにさまざまな本音がとび交った今回のトピック。数多くの暴露コメントを受け、ひとりのママからはこんな感想が寄せられました。

『ここを読んでいると、「悩んでいるのは私だけじゃないんだ!」と思えて元気が出る。ありがとう』

母親と言えば、おそらく世間様は”美しい顔”だけを眺めたがるもの。でも、たとえ世間様に”母としてブス”だと言われようと、美しさと醜さをあわせ持つ”人としての素顔”をいたわることができたら……明日からまた頑張れそうな気がする筆者です。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

旦那の夕飯作りが面倒くさい……そんなときこそ“ポジティブシンキング”
子どもに手がかかると「旦那さんの夕食作りが面倒くさい」と思ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。子どもに食べさせて自分が食べて、あわただしい中今度は旦那さんの夕食を作り後片付けをして…...
一緒にいると疲れるママ友と距離を置きたい……突然疎遠にする?フェードアウトする?ちょっと待つ?
楽しい時間を共有できたり、子育ての悩みをわかちあったりできる”ママ友”は、ママにとって頼もしい存在。 一方で、単純な価値観の違いから、嫉妬や優越感、下世話な好奇心まで……自分の性格と相容れないマ...
第2回「子育てに疲れるお母さん達に寄り添えるのが、子ども食堂の在り方」
貧困家庭や孤食の子どもに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった「子ども食堂」。訪れてみると想像していたものとは違う世界がそこにはありました。食事をするスペースは明るく開放的で、子ども...
参考トピ (by ママスタジアム
母として誰にも言えない本音