いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

はしご登園終了、次男も長男と同じ保育園に!慣らし保育中に知った長男の気持ち

昨年、長男・太郎は認可保育園、次男・次郎は小規模保育園と別々の保育園に通っていました。本当は2人とも同じ保育園に通わせたかったのですが、私たちの住まいは保活激戦区にあるため、希望が叶わず……。次男を小規模保育園に送り届けて、その後長男を送り届けるという「はしご登園」を1年間続けました。

そしてこの春、3歳になった次郎は今まで通っていた小規模保育園を卒園し、太郎が通っている保育園の3歳児クラスに入園することができました。念願の兄弟同園となり「登降園が1ヶ所で済むなんて助かる!!」と内定を頂いた時に私は大喜びしました。
以前から次郎は「お兄ちゃんの保育園に行く~!!!」と朝からギャン泣きしてしまうこともあったのです。

内定後、次郎は「兄ちゃんと一緒の保育園に行けるの!?」と嬉しそうでした。兄の太郎は4歳児クラスで教室も隣なので、近くにいることも次郎にとって心強かったのだと思います。
そして入園後の慣らし保育期間が始まりました。以前の小規模保育園は8名程度のクラスでしたが、今度は20名という集団の中での生活。「次郎が馴染めるかな、給食は野菜が苦手なんだよなぁ」などと私は心配がありましたが、1週間もしないうちに、担任の先生から……。

私っはホッとしました。慣らし保育も順調で、太郎も次郎も楽しそうに保育園に通っているし、よかったよかった!

と思っていたある日、私は先生から声をかけられました。

 

次郎の担任の先生ではなく、太郎の担任の先生からです。

……私は、同じ保育園になったことで、保育園への送迎が楽になるだとか、次郎の慣らし保育の心配ばかりしていました。
先生からの言葉で、今までどれだけ太郎が我慢してくれていたか気づきました。

本当、自分が恥ずかしいです……。

保育園でのお話をしてくれる太郎と次郎は、キラキラしてとっても楽しそうです。

楽しいお話をこれからたくさん、毎日聞かせてほしいなと思いました。

いつまでも仲良し兄弟でいてね。

 

文、イラスト・おんたま

関連記事

子連れで初めての焼肉屋さん、甥っ子の気遣いに感動した話
子どもたちがまだ3歳と2歳の頃、私は「子連れで焼肉屋に行く」なんてまだまだ先の事だろうと思っていました。 幼い兄弟が火傷をしないように気を配るとか、母親の私はゆっくり食べるなんて無理だろうなぁとか、...
人生初の乳腺炎!授乳が怖くなった私を励まし続けてくれた助産師さんの言葉
  文、イラスト・おんたま...
「はしご登園」行ってきます #時間と戦うママたちへ
新年度になり、保育園などにお子さんを預けて働かれるママたちもいらっしゃると思います。私もその一人です。 年子の兄弟を同園に入園させたかったのですが、住んでいる地域は待機児童も多い保活激戦区。...