いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ワンオペ育児中のママがダウン!頼もしさを感じた2歳息子の看病

これはマズイ! とにかく一旦休まないとダメだとハッキリわかったのですが、その時はちょうど保育園から帰ってきたばかりの息子・ちぃくん(2歳)がいました。
まだ夕食もお風呂もお着替えもなにもできておらず、けれども私の体は動かず……。どうしようかと困り果て、友人の助けを呼ぼうかと思った矢先のことでした。



「いいからママは動かないで! ボクがやりますから!」そう言わんばかりの怒りっぷりでした。


その後もちぃくんは食器の片付けの日課はもちろん、いつもなら言いたい放題なイヤイヤもなく、寝るまでずっとすごく気をつかってくれました。

魔の2歳。私がちぃくんのイヤイヤに翻弄されている日常が大半です。しかし実は、ちぃくんはこんなにも人を思いやることができて、自分に何ができるかを考えて実行できるのでした。私はとても驚かされましたし、とてもありがたかったです。

こんな小さな子どもに支えてもらってるというと、少々情けないでしょうか。いいえ私は、彼がとても頼もしいと感じました。

 

文、イラスト・Ponko

関連記事

2歳の息子のイヤイヤ期を変えた「魔法の言葉」
同じく、シャンプーの時は「頭のゴミをキレイにするよ」、手洗いのときは「おててのゴミをキレイにするよ」になります。 もちろん、気分によってはそんな魔法の言葉も届かないことが...
大きい小さいがマイブームな息子が放った「衝撃の一言」
2歳の息子。 相変わらず回りに比べると言葉数は少なくて、お友達のおしゃべりの上手さにびっくりすることもしばしばですが。 それでも本人なりに日々成長していて、最近は会話もかなり成立するようになっ...
歯医者さんでギャン泣き!イヤなのは歯医者ではなく意外なものでした
生後10か月で初めて受診したときはギャン泣きで大荒れだった歯医者さん。果たして今回は? どうやら息子は、フッ素塗布の処置がどうのではなくて、フッ素の味そのものが嫌らしい……。嫌が...