いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

育児の話ができる友達がいなくてしんどい……「はじめてのママ友」が意外なつながりからできた話

関西↔︎東京の遠距離恋愛の末、地元で働いていた会社を辞め旦那が働いている東京に引っ越し、結婚。ありがたいことに私はすぐに息子を授かりました。

しかし東京に引っ越してから何のコミュニティにも属していませんでした。出産後も知り合いがおらず、その上近所の支援センターにはドンのような人がいて怖くて足が遠のいていたため、「かの噂の”ママ友”っていうやつはどうやって作るの?」という疑問に頭を悩ませる羽目に。

そんな中、友達の結婚式で帰省した際に、同じ時期に子どもを産んだ高校の時のクラスメイトの女の子もたまたまその連休で実家に帰ったら帰省していることがSNSを通じてわかり、「子連れで会おう!」という話に。


連絡先も交換して、みんな帰ってくるときはまた会おう! と約束してその日は解散となりました。

その後は会うのは地元に帰っているときだけですが、時間も忘れて話したり、それ以外はたまに連絡を取ったり、私が少し前まで悩んでいた「育児の話をできる人がいない」という状況はあっという間に消えてなくなりました。


その結果、以前よりも気楽な気持ちで息子と出かけることができるようになり、「ママ友を作らなきゃ!」と焦ったり落ち込んだりすることもなくなりました。

 

文、イラスト・むらみ

関連記事

ダメ出しだけでは人は動かない!?5歳の女の子に教えられた「他人を説得する力」
その女の子はママが髪を結うのが得意なので、いつも可愛い髪型で登園する子でした。細かい三つ編みやツインテール、編み込みなどその技術の高さには目を見張るほどです。 「わかった。じゃあ明日からちゃんと...
子どもが昼夜問わず泣き続ける……私が一時保育を利用しようと決意した理由
我が家は3人家族です。 私は在宅でイラストや漫画を描く仕事をしていて、主人は残業の多めなサラリーマン、そして2017年生まれの息子がいます。 私も主人も「3歳まで家庭で育てて、3歳から幼稚園」...
子どもに受験させるママ友を見て心がザワザワ……育児に悩むワーママへ夫がかけた「思いがけない言葉」
私たち家族は、もうすぐ小学校にあがる6歳の長女とイヤイヤ期真っ盛りの2歳の娘、そして朝は早く、夜帰宅も遅いサラリーマンの夫。そして時短正社員の私の4人家族です。夫は忙しくなかなか家事や育児にかかわる時...