いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

若い頃の自分に伝えたい!”おばさん”になったからこそ分かったことは?

JPEGイメージ
先輩や親が言うアドバイスを、鬱陶しいと感じることはありませんか?
相手は親切に言っているのですが、聞き流してしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
先日「年を取ったから、わかるようになったことってある?」とママスタBBSに投稿があり、40代の筆者には頷きたくなるコメントばかりが寄せられていました。投稿者さんは

『子どもを育てる親の苦労がしみじみわかった』

と書いており、筆者もこの年齢になり、しみじみと親に感謝することが増えました。

『昔は親の言うことはウザいと思ってたけれど、間違いではなかった』

『子育てをして、私も母から大切にされていたんだなぁと思った』

『親が健康なときに親孝行しておけば良かった。親不孝者を許しておくれ、お父さんお母さん』

どれもこれも年を取ったからわかることなのですが、若い頃はスルーしていたなぁと思うことばかり。できればもう少し若いときに気がつきたかったコメントや、思わず頷いてしまう声を紹介したいと思います。

愛とお金はどっちが大事?

寄せられたコメントを読むと、年を取ってから大きく価値観が変わったことに“お金”をあげる人が多かったです。

『若い頃は金より愛って言ってたけど、やっぱり金』

『とにかくお金は貯めておくと良い』

理想は愛もお金も! と思いますが、筆者も子どもが大きくなるにつれ、かかるお金も大きくなることを知りました。食費も学費もウナギ登り! そして、親の介護や自分たち夫婦の老後…なんてことも心配になるのです。お金は、あって困ることはありません。お金を貯めるのは、子どもが小さいうちかもしれませんよ。

おばさんは体調の良い日が少ない

40代が集まると必ず出てくる話題は健康のこと。数年前までは、子育ての話、その前はファッションや仕事の話だったはずなのに、今は「肩・腰・首が痛い」とか「寒いね。冷えるね」とか「服のサイズが大きくなる話」で盛り上がります。

『おばあちゃんや母に、体を冷やしちゃダメと言われていた。今ならわかる。でも若いときなんて、いくら言われても響かないよね』

『寒さに弱くなった。若い頃は冬でも生足、ミニスカ、半袖ニットだった』

『風邪が、なかなか治らない』

『腰まわりの肉は、取れないということ』

『歯医者に下歯を入れ歯にしないとダメと言われた。がっくり。もうブランド物なんか要らない。歯に専念するよ』

『歯は大事。虫歯がなくても、歯医者行け』

歯医者には虫歯ができたら行けばいいと思っていた筆者でしたが、2人目を産んでから、定期的に歯医者に通うようになりました。歯ぎしりがひどく「このままだと2、3年後には、奥歯が抜けるか割れます」と言われ、それ以来、マウスピースを着用しています。歯が無くなってしまうと、どんなに良い入れ歯を作っても、自分の歯には敵わないそうですよ。筆者の実父が60代にして総入れ歯になってしまい「好物の肉が食べられない」とよく文句を言っています。好きなものを美味しくいただけるのも、健康な歯があってこそ。歯は大切にしてくださいね。

悩みやトラブルを解決できるのは“時”

若い頃は、他人の目が気になったり、気配りしすぎて疲れたり、何気ない会話にモヤモヤしたり、悩んでばかりだったように思います。そんな時代を乗り越えた先輩たちが伝える言葉は重みがあります。

『辛いことも時が解決してくれるから、焦らなくても良い』

『人にどう思われるとか、どう思ってほしいとか考えても無駄。人は思いたいようにしか思わない』

『視野が狭かった。立場が違えば、違う答えもあるということが、わかっているつもりでわかろうとしていなかった』

『世の中、白黒だけではない。グレーが良い場合もある』

『ジタバタしないで、じっと時を待つ。これが物事が好転する第一歩』

筆者も年を取ってからのほうが、人間関係に余裕が出てきたと感じています。モヤモヤ、ウジウジ悩むより、いずれ時は来ると思って待つほうが、ずっと楽に生きられます。
かつてアドバイスされていた頃は、聞き流していた筆者ですが、素敵な投稿を読み、紹介したくなってしまいました。年を取ると大変なこともありますが、そればっかりではないですよ。

文・間宮 陽子 編集・木村亜希

関連記事

年齢に負けるな!ママたちの「ザ・おばちゃん」にならないためのテクニックを大公開
昔は当然のように手にしていた「若さ」。でも、時の流れにしたがい、だれもが歳を重ねなくてはなりません……! 容姿・体力・気力、さまざまな面で”年齢”を感じているママも多いのではないでしょうか? 筆...
我が子にも見せたい!ママたちが子どもの頃にハマっていた神アニメとは?
好きなテレビ番組を、かじりつくように見る我が子。登場人物の真似をしてみたり、グッズを欲しがったり、同じ内容なのに録画した番組を何度も繰り返して見たり……。「テレビばっかり見て~」なんて小言を言...
熱い視線で見つめてくる幼児。怖い?うれしい?笑わせたい?
小さな子に、じーっと顔を見られた経験はありますか? あまりに見つめられると「今日の自分、どこか変なのかな?」「親しみを覚えてくれているのかな?」など、いろんな妄想が頭の中を駆けめぐります。子ど...
参考トピ (by ママスタジアム
年を取ったからわかる事