いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

熱い視線で見つめてくる幼児。怖い?うれしい?笑わせたい?

pixta_31054842_M

小さな子に、じーっと顔を見られた経験はありますか? あまりに見つめられると「今日の自分、どこか変なのかな?」「親しみを覚えてくれているのかな?」など、いろんな妄想が頭の中を駆けめぐります。子ども自身にとってみたら、それほど深い意味はないのかもしれません。が、見られる側としてはうれしいともイヤだともいえない、なんともモヤッとした気持ちが残りませんか?

ママスタBBSに投稿されたのは、そんな女性の体験談。自身の子どもはすでに大きくなっているため、「子どもってそんなものだったっけ?」と思い出せないそうです。さてあなたなら、どんな理由が思い浮かびますか?

まるで「ニ◯リ」のCM?熱い視線でガン見してくる子

その女性がレジ待ちで並んでいたところ、前にいたママに連れられていたのが2歳くらいの男の子。ひたすらじっと、顔を見てきたのだそうです。

『一応ニコッとしてみたものの、無表情のままガン見され続けました。ずっと目もそらさず見てきたので、怖かった。子ども好きだったら「あら~、かわいいね」とか声をかけるのかもしれないけど、そんなに好きでもないし。ヘタに声かけすると、嫌がる親もいるからね。私のうしろに並んでいる人もいなかったし、いったい何を見ていたんだろう?』

じつは似たような経験をしている人、けっこうたくさんいました!

『親に抱っこされている子も、うしろにいる大人をじーっと見るよね。まぁ私は見られても、別にいいけど。「私でよければ、好きなだけ見てちょうだい!」って思う』

『それ、すっごく思ってた! ニコッとしても無表情だと相手が子どもでも気まずいし、最終的に「なんなの!」って思っちゃう』

『私は濃い色のメガネをしているから、赤ちゃんは気になるみたいでよく見られる。この前はメガネを少し動かしたら足をピョン! と動かしてきたから、しばらくメガネと足をおたがいに動かしながら真顔でコミュニケーションを取ったよ。しばらくしたら「ふーん」って、ため息つかれた(笑)。かわいかった』

「じっと見られたときはこうする!」という、トリセツを持っている人もいました。

『真顔のまま見続けてくる子には、こっちも真顔で目をそらすまで見続ける。たいていの子は根負けして、ニコッとするからかわいいよ』

『私も真顔のまま、ずっと目線を合わせるよ。絶対負けない!』

『そんな子には、とびきりの変顔をしてみたい。なにがなんでも、笑わせたい』

こうなってくると、もう幼児との根比べです。

ひと目惚れされた?背後になにか見える?真実やいかに!

どうして子どもはじっと顔を見てくるのか? その論争はしだいに大喜利の様相に発展していきました。

『お姉さんなのかおばさんなのか、判定している』

『あなたに見惚れた。または、前世でつながっていた。私もよく見られるから調べたことがあるんだけど、赤ちゃんや幼児は丸い形が好きみたい。私も丸顔だから、そのせいかなって思ってた』

『目が合っているとは意識していない。ただ、”モノ”として観察しているんじゃない?』

『何かが取り憑いているのかも』

『幼児だと、男か女か判断しているときもある。我が子が小さいころ、レジでうしろに並んでいたおばあちゃんに、ボソッと「おじいちゃん?」と聞いたことがあって、めちゃくちゃあせった』

『まだいろんな種類の顔を見た経験がないから。この人はこんな顔なんだ、こんな顔もあるんだと、知識を吸収するために見ている』

『うちの子が3歳のとき、友達のパパの顔を真顔でジーッと見て「ヘンな顔」ってボソッと言ったの。血の気が引いた』

『この前姪っ子がジーッと顔を見てくるから「なんかついてる?」って聞いたら、「ボツボツ(そばかす)がいっぱい!」。グサッときた』

まさに「子どもは正直」ということですね……。

我が子が”じっと見”の常習という、ママたちの見解は?

さて、実際に我が子が”じっと見”をやるというママからの意見も寄せられました。どうやら答えのヒントはその経験の中にあるようです。

『ごめん、我が子だ。そんなふうに感じる人もいると思うから、それに気づいたら頭をなでたりして視線を外させるんだけど。たぶん我が子的には「いっしょに遊びたいなぁ。あ、手を振ってくれた! どうすればいいんだっけ? あ、同じように手を振ればいいのか」みたいな感じ。その人が手を振ってくれたりしたときは、目線を外されたくらいのタイミングで、テンポ遅れで手を振っていたりするよ』

『我が子も人見知りだから、真顔でじっと見るわ。たぶん観察しているだけだから、気にしないで』

『勝手に防衛本能なんだと思ってた。だからじっと見られたときは「怪しい者じゃありませんよ〜」って、笑ってあげてる。あ、さすがに声には出してません(笑)』

『1歳の息子がそう。うちの場合はいかにもやさしそうな人しか見ないから、話しかけてほしいんだと思う。でも相手に慣れるまで10秒くらいかかるから、せっかく反応してもらっても、相手がいなくなるころにしか息子も反応を返さない。「せっかく相手してあげたのに、無愛想だな」って思われているんだろうな。でもうしろ姿に向かって手を振ったり、ニコニコ笑っているんだよ〜』

「じっと見られたのは、やさしそうな人だと思われたから」。この先そう考えれば、もう幼児の”じっと見”も怖くなくなりますね! 笑顔でもにらめっこでも何かしらの反応を返してあげれば、きっと喜んでもらえるはずですよ。

文・鈴木麻子

関連記事

一度は経験ある? 赤ちゃんの子育てあるある
子育てをしていると、子どもの不思議な行動や思わず笑ってしまう行動に出くわすことがありますよね。今回は、きっとママたちが一度は経験したであろう瞬間を集めてご紹介していきます。 なぜかおもちゃより本物が...
あるある! そのかわいさでママはがんばれる! 赤ちゃんの愛らしい行動
生後2ヶ月をすぎた頃から、赤ちゃんはやりたいことやして欲しいことを泣いてアピールしたり、嬉しい時はニコニコしたりと表情が豊かになってきて、ママを癒してくれる場面が増えてきます。まだ言葉が話せな...
手がかかる!でもやっぱりカワイイ、赤ちゃんあるあるエピソード
赤ちゃんの行動やしぐさ、これってみんな同じなのでしょうか?天使のような愛らしさを持ちながら、ときおりみせる変わった表情や行動はどこの家庭でもみられる、赤ちゃん特有のものかもしれません。 「うちも...
参考トピ (by ママスタジアム
子供ってなんで人の顔をジッと見るのかな?