いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中学生以上の子どもを持つママたちに、毎月の支出を聞いてみた!出費がはね上がる主な原因とは

pixta_17940320_M (1)

赤ちゃんや幼児期の子どもを持つママは、忙しい育児に追われながらも、子どもが成長した将来の姿を楽しみにしているかもしれませんね。しかし、先輩ママたちから聞こえるのは「大きくなるにつれ、毎月かかるお金は増えるばかり」という噂……。いまいち実感が沸かず、どのぐらい必要なんだろうと疑問に思っているママもいることでしょう。
ママスタBBSにも、先輩ママたちに毎月の生活費をたずねるトピックが立てられていました。答えてくれたのは中高生や大学生の子どもを持つママたちです。大きなお子さんがいるご家庭は、毎月いったいどの程度の支出があるのでしょう?

毎月これだけかかってます!具体的な金額を教えてくれたママたちの声

『ウチは中学生2人いて4人家族だけど、全部で36万くらいかな』

『38万。うちはそれが手取りだからそれ以上使いたくてもない。とても貯金なんてできない』

『家のローン約11万、水道・光熱費・携帯代が10万くらい、大学生の家賃5万3千円 、仕送り4万5千円、中学生にかかるお金が月2万くらい、そのほか食費・雑費・医療費・保険など8万……。40万以上にはなるかな』

『小学生1人、高校生1人。支出は40~45万くらい』

『中学生と高校生がいる。うちは43~45万ぐらいかな』

『中学生1人、高校生1人で毎月45万くらい』

『家計簿をつけてないので大まかですが、45万は使ってそうです。もう少し減らしたいのですが……。うちは中学生1人、高校生1人です』

『大学生、高校生、夫婦の4人家族。毎月の生活費は45万ぐらい。大学生は都内一人暮らしだからそれとは別に仕送り15万』

『平均すると50万ぐらいかな。大人2人、ひとり暮らしの大学生1人、小学校高学年1人』

『食費・レジャー・家族の小遣いほか生活費で35万余、住宅ローン12万、電気・ガス・水道・通信費12万。あわせて60万ぐらい』

『大学生2人、中学生1人。学費抜きで月65万くらい、誕生日とか旅行とか何かあったらもっと増えるかも』

どうして出費が増えるの?先輩ママたちが語る理由とは

金額を教えてくれた中学生以上の子どもを持つママが実感しているのは、幼かった頃と比べて毎月の支出が跳ね上がっているということだそうです。その原因として挙げられた費用は主に二つありました。

まずは育ち盛りの子どもたちの食費です。成長期の中学生や、運動している高校生たちはとにかく良く食べるそうです。お米をいくら炊いてもすぐに炊飯ジャーを空っぽにされてしまうのだとか。あっという間に冷蔵庫のものを食べつくしてしまう子どもたちに、悲鳴を上げるママの声が聞こえてくるようです。

『大学生、中学生、小学生がいて、食費で一ヶ月12万超えます。お米も毎回5合炊いてる』

『高校生娘、中学生息子、小学生息子、園児娘がいるけど食費だけで月20万だよ。子どもたちと旦那が武道やってるからすごく食べる』

さらに大きな費用としてママたちが挙げたのは、塾や学校にかかるお金でした。中学生ともなれば塾に通う子どもも増えてくるとのこと。また高校や大学に進学すると学費や諸費用を学校に支払わなければならないでしょう。自宅外通学をする子どもがいれば、家賃や仕送りも発生します。金額に気が遠くなりそうなので、あえて生活費には含めて考えないようにしているというママもいました。

『私立中に通う子どもが1人いる。毎月払う学費が8万、さらに塾代5万』

『中学生1人と、高校生1人。私立高校の学費と塾や習いごとの費用だけで月々15万』

『中学生1人。うちはまだ塾が安くて月2万ぐらいで済んでる。個別指導の塾とかだともっとお金かかるよ。夏期講習だの冬季講習だのって10万ぐらいは余裕で飛んでいくよね』

『大学生2人分の学費が生活費とは別に年間100万以上かかってる。それは毎月じゃなく年度始めに払ってる』

『学費の年150万は毎月の家計に含んでないけどね』

子どもがまだ小さいママたちが、今からできる準備とは?

先輩ママたちが教えてくれた具体的な金額を聞いて、まだ子どもが小さいママのなかにはビックリしてしまった人もいるよう。そんなにお金がかかるなんて、うちの家計ではとても払えそうにない……。そんな不安や焦りの声も挙がりました。

『子どもはまだ小さいんだけどみんなのコメントを参考に見てました。今のままの収入じゃ生活費足りない……って恐ろしくなりました。現時点で共働きなのにすでにカツカツ……』

もちろん、挙げてくれた金額を余裕をもって払えるご家庭ばかりではないようです。先輩ママたちも工夫して切り詰めたり、働きに出て収入を増やしたりして何とかやりくりしているのだそう。

『毎月貯金できず給料全額飛んで行くよ。あらためて考えたら恐ろしい金額だ。幼稚園の頃なんてその半分もあれば生活できたのに』

『貯金できないからパートに出た。私のパート代はまるまる貯金してる。パートしないと大学は奨学金になっちゃう。カツカツ生活だよ』

『ボーナスも残らない。毎月貯金はしてるけど、崩すこともある。もし希望の大学に落ちて滑り止めの自宅外の大学になったらすっからかんだわ』

先輩ママたちが貴重な生の声を寄せてくれたおかげで、将来必要になりそうな金額を何となく感じることができたという人も多いかもしれません。いずれはパートに出たりフルタイムに切り替えたりして収入を増やそうと、トピックを見て心の準備をはじめたママもいました。

『私も働きに出ることにします!』

まだ子どもが小さいママは先々のことを考え、どのように費用を工面するかという計画を早めに立てるといいのかもしれません。よろしければ先輩ママたちから寄せられたコメントを参考にしてくださいね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どもの塾代が高くて困っている。リアルでは聞きにくい塾にまつわる「お金」の話
みなさんのお子さんは塾に通われていますか? 早いご家庭では小学校低学年から塾へ子どもを通わせていらっしゃる方もいるかもしれませんね。お子さんを塾に通わせていて「月謝が高い」と感じたことはありま...
「みんな、貯めてる?」知りたい!子どものためのリアルな貯金額
よくないこととは思いつつ、やっぱりどうしても気になるのが他所(よそ)のお財布事情。仮に自分だけで生きていたとしたら、貯金がさほどなくても「なんとかなるでしょ!」と気楽に考えられるかもしれません...
子どもの進学資金をどのように貯めていますか?想定外の費用に対するママたちの備えとは
産まれたわが子の将来に夢を持ち、大きくなったらどんな道を選ぶだろうかとあれこれと思いを馳せるママもいるかもしれませんね。しかし先立つものはお金です。子どもが義務教育を終えて高校、専門学校、ある...
参考トピ (by ママスタジアム
子供が中学生~大学生のご家庭は