いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

”四捨五入”を”死者、ご入場”と勘違い……爆笑必至!ママたちの「愛すべきおバカ」エピソード

おバカエピソード
おそらく誰でも、ちょっとした勘違い・思い込みの経験をお持ちだと思います。
クスっと笑えてなんだか元気の出る”おバカ”エピソードが、ママスタBBSに集結しました! みなさんの身に覚えのあるような、あるある系の”おバカ”話から、ハイ・レベルな”おバカ”エピソードまで取り揃えております。
おおいに笑い、育児の疲れも吹っ飛ばしていただけたら幸いです。ぜひともご期待ください。

脳内で、漢字の変換ミス……「同音異義語」系の勘違い

まずは、勘違い・思い込みの定番と言えるかもしれない「同音異義語」系の”おバカ”な話です。

『台風”一過”を、台風”一家”と勘違い。
「台風の家族が来ましたよ~。通り過ぎましたよ~」っていうことかと思っていた』

こちら、子どもによくあるカワイイ(大人になるとどうなのでしょう?)思い込み。

『「”心肺”停止」を「”心配”停止」だと思っていて……。
ニュースで「シンパイ停止」って言っていたら、”心配”することは停止した状態なんだと思い、「良かった~」と言っていた』

それが実は、まったく良くない状態なんです。

『私は”避難”訓練を、だれかを”非難”する訓練だと思っていて、訓練の前夜、必死で”非難”の語彙を勉強していた……』

筆者としては、どんなハゲシイ言葉が集まったのか、かなり気になるトコロです。

赤面!思い込みがもたらした、羞恥の事態

スッカリ信じきった思い込みから、恥ずかしい思いを味わったママも……。

『ローソンで「ファミチキ1つ」と言った』

店員さんと目が合わせられない……。

『お店で、白いマドラーをストローだと思って、思いきり吸い込んだら全然出てこなかった』

意気込みがくじかれたときの心中お察しします。

『ドトールだったかな……アイスコーヒーを頼んで、お金を入れるトレーで、コーヒーを持って行きそうになった』

「穴があったら入りたい」とは、まさにこのこと?

『はじめての産婦人科の子宮ガン検診で、下着だけ脱げばいいのになぜか全裸になった』

……!? おそらく先生・看護師さんは、ド肝を抜かれたことでしょう。

『西から昇ったお日様は、東に沈むと思ってた』

なつかしの昭和アニメ『天才バカボン』のテーマソングを真に受けすぎ(笑)。

私ちょっとボケたかも……「歳のせい?」の思い込み

若い頃はこんなんじゃなかった!? つづいては、年齢を痛感させられる、ママたちのおとぼけエピソードです。筆者含め、近頃頭の回転が鈍くなったと感じるママたち、似たようなことにならぬよう気をつけて!

『スマホで動画見ながら「スマホがない!」と探しまくった。バカというより歳?』

ドンマイ! こんなときは自分のアホさ加減を呪いたくなりますね。

『車で買い物に行っていたのに、徒歩で家路についた』

……これまた、ドンマイ!

『エレベーターの「開閉」ボタン、少し考えてからじゃないと、どっちがどっちか分からない』

はげしく同感です!

『自分の歳が分からないときがある』

……これは現実逃避も入っているかも。

数字を見ると頭痛がする?「算数は勘弁して!」系

みなさん、算数はお得意でしょうか? 理数系が苦手という方もいるかと思いますが……「苦手」の度を超して”おバカ”を発揮するママたちもいる模様です。

『暗算できない。一ケタもあやしい』

がんばれ! ぜひお子さんと特訓を!

『セールのときの、例えば 「30%引き」みたいなのが分からない。
東西南北も分からない……』

方角は筆者もあやしいです(汗)。なにせ方向オンチなもので。

『金利何パーだとかの計算が分からない』

同感。パーセンテージに小数点以下があると、計算わずらわしいですもんね!

『子どもに「母さん、”ししゃごにゅう”教えて」と言われたけど、分からなかった。「”死者”が”ご入場”でもすんの?」と子どもに聞いたら、真顔で「母さん、頭だいじょうぶ?」と言われた。
教科書を見たら、”四捨五入”とありましたが、理解できませんでした……』

……傑作! このお家の伝説になりそうです。

これぞ、正真正銘の「愛すべきバカ」?噴きださずにはいられない、秀逸エピソード

『はじめて飛行機に乗ったとき、「”ご搭乗”ありがとうございます」を「”ご登場”ありがとうございます」っていう意味だと勘違い。
なんかカッコいいから私も使いたくなって、しばらく飲食店の接客で「いらっしゃいませ!」を「ご登場ありがとうございます!」に言いかえていた』

そんな店員さんに、ぜひとも出くわしてみたい!

『外国で現地の人が笑顔で、指パッチンみたく指をすってたから、「あー!」と思って「イエス! ジャパニーズ、ポール牧!」と言って、高速指パッチンを両手で披露。……が、「チップ、プリーズ」のことだったらしい。
友達が「違うよ! チップだよ! やめてよ、ポール牧て(笑)」と言って、かわりにチップ出してくれた。恥ずかしかった』

だいぶいい感じのノリ具合です。

『私は群馬に住んでいるのですが、ゆるキャラのぐんまちゃんを知りませんでした。
子どもが「ぐんまちゃんを見に行くから、帰りが遅くなる」と言うので、パーティーサイズのお菓子を2袋用意して「お邪魔します、少しですが食べてください、って、ぐんまちゃんのお母さんに言ってね」と伝え、「赤ちゃんがいるみたいだから、長居はだめよ」とも伝えたら、子どもが携帯を見せてきて「コレだよ! フェスティバルに行くんだよ」と言われた』

ゆるキャラに手土産とは……。シュールで、クオリティの高い(?)”おバカ話”……秀逸です!

”おバカ”エピソードで盛りあがりを見せたBBSからは、こんな声が……。

『みんな可愛い! 人に迷惑かけないバカって、最高!』

ほんとうに……ママたち、たくさんの”おバカ”をありがとうございました! これで、明日の育児も頑張れそうです。

文・福本 福子 編集・木村亜希

関連記事

なんでやねん!おバカで仰天な自分エピソード
手際良く数々の家事や仕事をテキパキこなし、子どもに物事を教えるしっかりママさん、いつもお疲れ様です。子どもの見本となるために、恥ずかしい行動はできませんからね!しかしそんな毎日の中で、「私なんでこんな...
「あぁ私、疲れてるんだなぁ……」と思った瞬間
1日中、家事育児仕事に追われるママさんですから、見た目には元気でも疲れていないはずがありません! 疲れている時といえば、ミスはつきもの。 卵を割って中身をボールに入れるはずが、殻をボールに...
「私、疲れてる……」ママたちの爆笑奇行エピソード
出産後、なんだか急に忘れっぽくなったり、自分でも驚くようなミスを繰り返してしまったりという経験はありませんか? 筆者はというと……数えきれないくらいあります。「昔はこんなこと絶対しなかったのに!...
参考トピ (by ママスタジアム
1番バカな人が優勝