いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもに紫外線はリスク!?学校が日焼け止めを禁止する理由とは?

pixta_22481238_M

年々強くなる紫外線。最近では大人だけでなく、赤ちゃんや子どもに向けた日焼け止めや紫外線対策グッズもよく見かけるのでは? 紫外線のリスクは最近では過度に紫外線にあたることは皮膚の老化を早め、皮膚ガンや白内障の原因になったり、アトピー性皮膚炎が悪化することがわかってきています。さらに「18歳までに生涯の半分以上の日光を浴びてしまう」とも言われているそう。子どもが無防備に紫外線を浴び続けるリスクを考えると、日焼け止めは塗っておきたいと考えるのが当然ではないでしょうか。そのような中、一部の学校や公共機関のプールなどで日焼け止めを禁止しているケースがあるとのこと。なぜ日焼け止めを禁止するのか、本当に子どもにも日焼け止めは必要なのか、また日焼け止めが子どもに与える影響などについてご紹介します。

学校が日焼け止めを禁止する理由

学校の水泳授業が始まる季節になると、準備品や注意事項などが記載されたお知らせが学校から配られることがあります。どのような水着を用意するかのような一般的なものから、最近ではゴーグルやラッシュガードについてのルールなども記載されていることもあるのでは? その中に、「日焼け止め」の禁止項目が盛り込まれていることがあるのだそうです。

日焼け止めを禁止する理由はプールの「水質汚染」を懸念

これだけ紫外線のリスクが声高に唱えられている中、全国の小中学校で、少なからず水質汚染を理由とした「日焼け止めを禁止」している学校が存在します。その理由はプールの「水質汚染」を懸念してのものだそう。
またプールの水が一定基準値を超えて汚染されてしまうと、水の入れ替えをおこなわれければなりません。その際に学校が負担する費用は高額となることもあり、日焼け止めが敬遠されているのかもしれません。

プールの「水質汚染」は起こらないという調査結果。日焼け止め禁止からの活用へ

千葉県千葉市の公式サイトでは、学校生活において紫外線対策を進めていることについて触れています。日焼け止めを使用禁止している学校もある中、千葉市は学校での日焼け止めの使用を推奨しているのです。これはなぜでしょう? それは近年の研究結果に伴い、過度の紫外線を浴びることは健康への悪影響が起こることがわかったからです。さらには日焼け止め禁止の大きな要因である「水質汚染」は実は起こらないという複数の研究結果が明らかになったのも要因としてあるようです。もちろん、水質汚染を起こさないため、耐水性の日焼け止めを使用することが条件となります。こうして研究が進み、子どもの日焼け止め禁止をする学校は徐々に減りつつあります。

子どもに日焼け止めは必要

ここまでですでに子どもでなくても、健康に悪影響が出る紫外線から体を守る対策は必要であることが分かりますね。小学生ともなれば、夏になると真っ黒な肌で元気いっぱいに遊びまわっているイメージがありますが、その日焼けも適切な紫外線対策が行われていなければ、火傷のような日焼けをしてしまったり、しわやシミの原因にもなります。またこれを長年繰り返してしまうと良性・悪性の腫瘍や白内障のような病気を引き起こすこともあると言われています。そう考えると、赤ちゃんの頃からでも日焼け止めを含む、さまざまな紫外線対策は必要であると言えるでしょう。

子どもの肌に合う日焼け止めを選ぶ

紫外線から子どもを守りたいけれど、日焼け止めが子どもの肌に与える負担などが気になりますね。子どもに使用する前に、きちんと成分などを把握しておく必要があります。大人と同じで子どもの肌質も千差万別。ママの肌にあっている物でも、子どもには合わない可能性も十分考えられます。日焼け止めを選ぶ際は必ずパッチテスト(※)をおこない、慎重に選ぶようにしましょう。

(※)パッチテストとは、日焼け止めに限らず初めて使用する化粧品などを、使用前にアレルギー症状が出ないかどうか確認するためのテストです。腕の内側のなどの目立たない所に10円玉硬貨サイズの大きさに薄く塗り、自然乾燥させます。塗った後30分後と、2日後にどうなっているかチェックをして判断します。発疹や赤み、水泡やかゆみのような皮膚トラブルがあれば、すぐさま洗い流して使用しないようにしましょう。
参考:東京都健康安全研究センター「くらしの健康(第11号)」

子どもへの日焼け止めの選び方

やはり気になるのは肌への負担です。まずは子ども用や赤ちゃん用と記載されている物から試してみるのもいいでしょう。次に注目するポイントは塗りやすさです。赤ちゃんや子どもはじっとしていません。そのような場合ママがさっと手軽に塗ることができるタイプだと安心です。そして最後は落としやすさです。専用のクレンジングが必要なものは、それだけ紫外線対策としては有力ですが、その分肌に負担がかかりやすくなります。できれば石鹸だけで落とせるようなものがいいでしょう。SPFやPA、+など、気になることも多いと思いますが、まずは「子ども用、赤ちゃん用と記載の日焼け止め」「塗りやすさ」「落としやすさ」の3つを意識して選ぶと良いでしょう。日常生活で使用するのであればSPF20~30でも十分効果は期待できるはずです。

参考:日本小児皮膚科学会「こどもの紫外線対策について」

子どもの紫外線対策は重ね技で乗り切ろう

日焼け止めだけでもクリームやローション、スプレータイプやポンプタイプなど幅広く販売されています。1つに頼り切るのではなく、合わせ技で乗り切ることもおすすめです。肌が敏感な赤ちゃんや子どもへの負担を考えると、日焼け止め以外での紫外線対策も有効に取り入れていきましょう。

・つばが広め、大きめの帽子をかぶる
・肌の露出をできるだけ少なくした服を着る
・洋服の素材は目の詰まった布のものにする
・紫外線を反射させるため白や淡い色のものをチョイスする

これだけでもかなりの効果が期待できそうですね。日焼け止めと紫外線対策に効果がある帽子や衣類を合わせて、ぜひ使用してみてくださいね。

参考:日本小児皮膚科学会「こどもの紫外線対策について」

文・櫻宮ヨウ 編集・木村亜希

関連記事

あなたの日焼け止めの塗り方は正しい?「SPF・PA値の意味」と「子どもの顔に塗る目安量」とは
赤ちゃんとお出掛けするときに、忘れずに心がけたいのがお肌のUVケア。赤ちゃんの肌はちょっとの刺激にも敏感に反応します。そんな敏感なお肌が紫外線を大量に浴びるとシミ・ソバカスの原因となるだけでな...
皮膚の老化の80%は紫外線によって起こる! 紫外線はお肌だけでなく目にもダメージを与えます
外で過ごすことが気持ちのいい季節になりました。同時に、日に日に紫外線が強くなり、日焼けが気になる季節でもあります。 実は、紫外線がお肌だけでなく目にもダメージを与えてしまうということをご...
夏休みは子どもとフルーツ狩りで「旅育」を!おすすめの果物と知っておきたい注意点
子どもが大好きな果物。休日に子どもと一緒にもぎたての果物を食べに行きませんか。フルーツ狩りには、桃・サクランボ・デラウェア・ブルーベリー・梨・メロンなどがあります。子どもでも自分で取って食べる...