いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

6年ぶりの旦那とのデートで気づいたセンチメンタルな気持ち……そのとき旦那は

長女を産んでから数えると6年間、ずっと子どもと一緒にいた私。この春に次女が幼稚園に入園し、ようやく「ひとりの時間」を持てるようになりました。

そんなとき、平日休みをとった夫。突然「明日、ランチデートしようよ!」と誘われます。
「デート」なんていう言葉がくすぐったく、あまりの出来事に驚きましたが、6年ぶりに旦那との「デート」に、私はソワソワしました。同じ家に住んでいるのだから一緒に行けばいいのに、何故だか「待ち合わせ」を申し出てきた夫。それもまた不思議な気分になります。

若い頃、よくデートした場所で待ち合わせ。一応オシャレを施す自分に、もちろんかつてのようなドキドキ感はないものの、くすぐったいような妙な感じはありました。

拒否するのも変だし……かといって、子どもの手しか握ってこなかった6年間で、すっかり「夫と手をつなぐ」という感覚すら忘れてしまっていた私。どうしよう……どうしよう……と悩みながらも恐る恐る、手を握ります。
「夫の手って、こんなだったっけ……」
もう、思い出そうにも思い出せないくらい遠い昔の出来事のようでした。
手を繋いだふたりは少しぎこちなく、微妙な空気が流れます。
「なんだろう……この感覚……」絶妙に気まずいこの感じを表現しようと言葉を探していると……

「親や兄弟と手をつないでいるような感じだ……」

大好きだけど、手を繋ぐような間柄ではない。繋げと言われれば照れながらも繋ぐけど、もう大人だし積極的に繋ぎあいたいわけではない。
あぁ私と夫は、本当に「家族」になってしまったのだな……なんて、少しセンチメンタルになっていると、夫の手が少し汗ばんでいるのに気づきます。
夫も照れくさかったのかな……なんて思っていると……

……夫の方は、とても純粋でした……。

そんな夫と、ふたりだけの人生の方が長いこれから。少しずつトキメキを戻していくことはできるのか……は、わかりません。

次回は手じゃなくて腕を組もう、と思ってしまったのでした。

 

脚本・渡辺多絵 イラスト・nakamon

関連記事

5歳の娘が仲間外れにされたとき 胸に沁みた園長先生の言葉
年中になったばかりの娘には、年少のときから仲良しのAちゃんがいました。何をするのも、どこへ行くのもずっと一緒。「ずっとこのまま仲良しでいようね~」というふたりの姿に、私はいつも微笑ましく見守っていまし...
旦那さんの好きなところは? ママたちに聞いてみました
毎日顔を見て、身の回りの用事をして、子どものことを話し合って…いまやすっかり「家族」になってしまった旦那。たくさんケンカもするし、たまにウザいなって思うけれど本当はとっても大好きで世界で一番大...
「パパとママ」から「夫と妻」に変わる瞬間。「夫婦2人の時間」の過ごし方
子どもが産まれてから、夫婦2人の時間を過ごしたことがありますか? お子さんが小さい頃は、なかなか夫婦ふたりきりの時間を持つのは難しいかもしれません。慣れない育児の中で、「夫婦としての時間を大切にする...