いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「アンテナ振って電波を探す」もはや懐かしい “ガラケー”時代あるある


10年前には当たり前に使っていたガラケーも、今や「懐かしいなぁ」と感じるアイテムになりました。子育てに追われているママたちが独身時代を謳歌していた頃には、なくてはならないアイテムだった「ガラケー」。

「あの頃、こんな使い方してたなぁ……」。ママスタBBSで、盛り上がっていたガラケーの思い出を語るトピで、思わず「懐かしい」と感じた投稿をまとめてみました。

あった、あった!思わず盛り上がっちゃうガラケーあるある

つい最近まで使っていたような気がするのに、出てくるエピソードがどれも「懐かしい!」

『アンテナ振って電波を探す』

ガラケーについているアンテナ。つい振ってしまう形状ですが、効果があったのかはわかりません。

『着メロを自分で打ち込みして登録する。着メロの楽譜本とか売ってたよね』

着メロは自分で作れたんです。

『充電パックのフタの裏に付き合ってた男の子とのプリクラ貼ってた(笑)』

甘酸っぱい思い出ですね。

『赤外線通信って結構便利だった記憶』

これぞガラパゴスな機能です。

『他社のケータイに写メを送るには、アドレスに「7」をつけないと送れない。(なな☆メール)』

○○@ezweb.ne7.jp というように、neのあとに7を追加して、インターネット上に写メを保存するサービスがありました。もしかして「写メ」も懐かしい?

ガラケーを語るには欠かせない、懐かしワード

ガラケー時代を語るときには、このワードたちは欠かせません。

『魔法のiらんど』

ガラケーで小説やブログ、ホームページが無料で簡単に作れたサイト。SNSがない時代、このサイトを使ってホームページを作るのが流行っていました。今もありますよ。

『Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re』

メールのやりとりが続くと、タイトル欄が「Re」で埋まるんですよね。

『ドコモダケ。あのキャラクター好きだったな』

ドコモのキャラクター「ドコモダケ」。今も活動中です。

『画面メモ機能。スマホのスクショ機能より画面メモ機能の方が文章のコピペとかもできて便利で好きだったな』

スマホにはない便利機能もあったんです。

『メニュー→0ボタン。自分のプロフィール 電話番号が見れた』

自分の電話番号って意外と覚えてないんですよね。

『画質が悪いから自撮りが可愛くなった』

ガラケーで撮った写真の画質の粗さに驚きます。

『光るアンテナ』

光るほうが電波が良くなる気がしたんです。

『スライド画面』

二つ折りタイプ派とスライド派に分かれました。

『ブチ切れてケータイバキバキに折る』

ケンカするたびに携帯を折っている友人がいました……(笑)。

筆者は、ポケットベルからPHS、そしてガラケー時代を経て、スマホを愛用している世代。どの時代を思い出しても「懐かしい」と感じることがあります。使っている時には「なんてハイテク!」と感じていたものが、どんどん「懐かしい物」になっていく経験をしてきた筆者。いつかスマホも懐かしいアイテムになるのかと考えると、進化の早さに戸惑ってしまいます。

そして現役ガラケー愛用者の声。

『今もガラケーだわ』

敢えてのガラケー生活も良いかもしれません。

 

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・ごぼふく

関連記事

親が子どもにスマートフォンやタブレットで動画を見せるとき、決めたいルールや効果的な見せ方とは?
株式会社カスペルスキーとNPO法人e-Lunchが1,000人以上の保護者を対象に行った「2017年度子どものスマートフォン・タブレット利用調査」で、3歳から6歳の半数以上がスマートフォンやタブレ...
携帯代の節約につながるかも!?「格安スマホ」の正体とは? #ママが知りたいネットの知識
月々のスマホ代が1万円なら、1年で12万円。これは家計にはかなり痛い出費ですよね。最近は格安スマホのテレビCMが流れているので、なんとなく格安スマホへの乗り換えを考えたことがある人は多いのではない...
スマホが容量不足のときに試したい「LINEのキャッシュ削除」 #ママが知りたいネットの知識
写真や動画を撮るときは、スマホの空き容量が気になりますね。写真や動画の整理をして空き容量を確保してみるものの、いざ撮影というときに「空き容量がありません」と表示されると、ただただ悔しい気持ちが湧いてく...
参考トピ (by ママスタジアム
懐かしすぎるガラケーの思い出