いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

中尾明慶:第7回 パパだって頑張ってるんだけどなぁと思うことはあります

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、映画『今夜、ロマンス劇場で』など、数多くの作品に出演されていて、主演ドラマNetflix『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信が控えている俳優・中尾明慶さん。私生活では、4歳の息子さんのパパです。

インタビュー7回目は、中尾さんにとっての「パパ友」について、お話をうかがっていきます。またママバッグならぬ、パパの立場から考えた“育児に役立つパパバッグ”を企画、開発された話も語ってくださいました。

■中尾さんは、“パパ友”と呼べる人はいますか?

昔から仲の良い友だちがパパになって、その友だちと子どもの話をするということはあります。でも、”パパ友”とは違うかな……? 保育園のパパたちとも、会えば話をしますが“パパ友”という関係ではないですね。

そもそも“パパ友”ってどういう存在のことを言うんだろう。パパたちって、わざわざ集まって子育ての話をすることはないと思うんですよ。
僕は仕事柄、インタビューを受けて子育ての話をすることはあるけど、パパ同士でお互いの子育てについて語りあうことはあまりないんですよね。

■中尾さんも、育児の中で孤独を感じることがあるんですか?

中尾明慶
父親も孤独は感じますよ(笑)。生まれたら全てがそこから「ヨーイ、スタート!」で始まるし、子育ては待ってくれないじゃないですか。

うちの息子も4歳になって意思疎通できるようになってきたけど、それまではこっちが汲み取らなきゃいけないことが多かったし。親は子どもの全部を背負ってるわけだから、孤独にもなりますよね。

父親としては「この子がやったことは全て自分がしたこと」くらいの責任感はあるけど、不安になることもある。多分みんなそうなんじゃないかなという気はします。パパも、一生懸命子育てしてるんです。

■そんなご自身の子育て経験を活かし“パパバッグ”を企画・開発されたと聞きました。どんな想いから商品化に至ったのですか?

僕が息子と2人で出かけるときは、妻がいつも使っているママバッグを使ってたんですけど、ある時「パパの専用バッグっていうのがあっても良いんじゃないかな」と思ったんです。

■中尾さんの“パパバッグ”、こだわった部分をおしえてください。

ショルダータイプのバッグで、いろんな工夫を施しました。
中尾さんの“パパバッグ”

たとえばポケットをたくさん作り、それぞれに番号をつけました。パパとママでバッグを共有するときに起こる「どこに何が入ってるかわからない問題」って、地味にストレスになるんですよね。ママにバトンタッチしたときでも、どこに何が入ってるかをメモに書いておけば、探しものをする手間が省けるんです。汚れたオムツをしまえるポケットや、ウェットティッシュを入れるとそのまま取り出せるポケットもあります。

明らかに育児用とわかる“パパバッグ”にはしたくなかったので、普段使いができるデザインにもこだわりました。“パパバッグ“と言っていますが、パパじゃない方や、もちろんママにも使ってもらえると思います。

実は、バッグのどこかに僕が書いたキツネのイラストの刺繍が隠れています(笑)。ぜひ探してみてください。

■中尾さんと同じ、子育てをするパパたちへ伝えたいことはありますか?

あんまり偉そうなことは言えないんだけど、男同士で気持ちがわかるので一言。「パパだって息抜きしたい」ですよね(笑)。

パパはパパで頑張ってると思うんです。子育てにまつわるニュースや記事は、ママがメインで子育てしている前提で、「ちゃんとパパも育児しなさい!」っていう流れになっている気がするから、「パパだって頑張ってるんだけどなぁ……」と思うことはあります。「その気持ち、わかりますよ!」と伝えたいですね。
中尾明慶

■これから、パパになる方に先輩パパとして伝えたいことはありますか?

「子育ては意外と楽しい」ということかな。大変というイメージが強いだろうけど、構えるのではなく、育児を楽しんで、子どもと過ごす日々を大事にしたほうがいいと思います。

僕は、「もっと赤ちゃんのときを大事にしておけばよかったな」と思うので。その瞬間は、仕事も辛いし……眠いし……と思うかもしれないけど、ちょっと頑張って起きて子育てに参加すると、また違った景色が見えると思います。そして、ぜひ“パパバッグ”もお願いします(笑)。


中尾さんが考えたという“パパバッグ”。普段持っていてもファッションになじむデザインで、機能性も抜群です。パパの育児の中から生まれたものだからこそ、細部にも配慮があって使い勝手もよさそうですね。
中尾さんのインタビューも、次が最終回となります。最後は今後の中尾さんの目標についてお聞きします。お楽しみに。

(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

中尾さんの“パパバッグ”
中尾明慶さんが子育て世代に便利なバッグをプロデュース!忙しいママのイライラを減らせるようにと機能性にこだわり製作しました。6月14日発売。

パパバッグ詳細ページ(ホリプロ・スクウェア内)
http://horipro.jp/r/lp/papabag/index?m=sqmm_papabag

バッグ取り扱いサイト【Amazon】【BASE】【HMV&BOOKS online

関連記事

中尾明慶:第6回 「夫婦」として2人過ごす時間を持つことが、夫婦円満の秘訣
ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、映画『今夜、ロマンス劇場で』など、数多くの作品に出演されていて、主演ドラマNetflix『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信が控えている俳優・中尾明慶さん。私...
中尾明慶:第5回 大人気ないような気もするけど、子どもと対等でいたいという自分もいる
ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、映画『今夜、ロマンス劇場で』など、数多くの作品に出演されていて、主演ドラマNetflix『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信が控えている俳優・中尾明慶さん。私...
中尾明慶:第4回 余裕を持って子育てしている友だちを見て『悔しい』と思った
ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、映画『今夜、ロマンス劇場で』など、数多くのドラマや映画に出演されている、俳優・中尾明慶さんがママスタに登場です。現在は4歳の息子さんのパパです。 インタビュー4回...