いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

拝啓 旦那と結婚する前の自分へ。あなたなら何を書きますか?

1

旦那さんと結婚して、どれくらいの年月が経ったことでしょう。「結婚」という社会的にも認められた夫と妻の関係に、居心地の良さを感じる人もいれば、そうでない人もいるのではないでしょうか?

はじめて今の旦那さんと結婚を決めたあの日、世界はキラキラ輝いていました。あの日の決断が今の自分を創っていると思うと、なんだか不思議な気分になりますね。

そんな人生を大きく左右するかのような決断を下した自分は、正しかった? それとも……?

もし結婚する前の自分へ手紙が出せるとしたら。あなたはどんなことを伝えたいですか?

大丈夫。自分を信じてそのまま進め!

『当たりだよ、いい人つかまえたと思う』

『幸せにしてもらえるから、信じてついていくんだー!』

『やめとけって言う人もいたけど、結婚して大正解だから、そのまま突っ走れ』

『絶対逃すな! 幸せな人生になるよ!』

拝啓、旦那と結婚する前の自分へ。

結婚を決めようとしている今、未来の自分が見えなくて不安になっていると思います。あなたの結婚に対して、色々と助言をしてくる人もいるでしょう。しかしその人たちは悪気があるわけではなく、全てあなたの幸せを想ってこそのこと。

けれど、自分の人生は自分で決めるべきです。今、あなたの目の前にいる彼は、最高の旦那様になります。あなたや、これから生まれる子どものことを何よりも大切に想い、愛情深く接してくれます。彼を選んで間違いありません! あなたの結婚相手は彼以外考えられない! どうか自分の気持ちを信じてついて行って下さい。

むしろ手放してしまうとどうなることか……。何が何でも逃がさぬよう、死守してね(笑)。

笑顔溢れる未来で待っています。

どうか今一度、考えなおしてみて下さい

『その優しさは、優柔不断と言うやつだ。勘違いするな。
「私の希望を尊重してくれる。年上の人だからだよね優し~」は違う! 自分で決めたくないだけ。責任取りたくない故の保守的野郎なの』

『やめとけ。苦労する』

『目を覚ませ! まじで止めろ! お願いだから結婚するな!』

『やめておけ。人生棒にふる。今は優しいかもしれないけど数年経つとモラハラ不倫男だよ!』

『前の彼氏に戻れ』

拝啓、旦那と結婚する前の自分へ。

いま、彼は優しいですか? 頼りがいがありますか? 誰よりもあなたを愛してくれていますか?

でも、残念なことにそれは「いま」だけです……。数年後、彼の優しさは優柔不断となり、頼りがいがあると思えたのは単にあなたが若かったからであり、恋愛感情は徐々に薄れ、じきに彼は別の誰かを愛しはじめます。

結婚式で神様の前でする誓いの言葉をお借りした、あなたの現実はこうです。

「健やかなる時はイラつき。病めるときは放っておかれ。喜びのときはひとりで喜び。悲しみの原因は相手にあり。富めるときも心は寂しく。貧しき原因も彼にアリ。これを次第に愛せなくなり、敬うことも慰めることも助け合うこともできなくなる。命ある限り早く離婚して次の人生に進みたいと願いますか?」

書いていてちょっと悲しくなるけど……(笑)。結婚は「好き」だけでは成り立たないことを、どうか今一度立ち止まって考えてみて下さい。どんなささいなことも、ふたりで歩み寄りながら築き上げることができる人が一番……そう、元カレとかどうかな?

「結婚」と「恋愛」が違うことを、しっかり考え直してみて! あなたの勇気ある決断で、未来が変わることを願っています。

もしアドバイスが届くならば……

2

『迷わず結婚して良い!
だけど同居はしないとはっきり言っておきな。あともう少し頑張って貯金しときな』

相手の要望と自分の要望の境界線をしっかり設けておくことも、円満な結婚生活において大切ですよね。お金はさらに切実です……。

『結婚はして大丈夫。
でも今はあまり喋らない寡黙な男を演じてるけど、結婚した途端、ペラペラとよく喋る男に変貌するからね』

しゃべり手が一転、聞き手に徹することになりそう。

『結婚指輪は安いのにするんだよ。2人とも失くすから……』

いっそ、指にはめるのではなくチェーンに通してネックレスにした方が安全かも。

『結婚して半年で旦那の会社倒産するよ。共稼ぎが予定より長くなるからね』

でも愛があるから大丈夫です!

『帰りはえりちゃんより先に送ってもらえ! そうすればアイツと付き合うのは私じゃなく、えりちゃんだったはず!』

えりちゃん……私、お先に失礼しても良いですか?

 

独身時代、何となく漠然とした憧れを抱いていた「結婚」。まだ見えぬ未知の世界に踏み入れるか否かの決断を下し、その先に待ち受ける人生がなかなか「自分次第」ではいかないくなるということも知りました。

もちろん「自分」も大切にしなくてはいけないのですが、「好き」と「嫌い」のうえだけに成り立っているわけではない「結婚」故に、万が一失敗したかも……? なんて思っても、なかなかその関係を解消するのにも勇気がいるところです。

しかし、それもすべて「結婚」を通して酸いも甘いも嚙み分けたママたちだからこそ言えること。

「結婚はギャンブル」なんていうささやきが聴こえてきそうですが(笑)その真意はいかに……。

あなたは旦那さんと結婚する前の自分へ手紙を書くとしたら、何という言葉を贈りますか?

 

文・渡辺多絵 イラスト・んぎまむ

関連記事

旦那とキャバ嬢のLINEから見えてきた、夫婦の「本当」の姿とは……?
ママスタコミュニティに寄せられた『旦那がキャバ嬢とLINEをしてました』という投稿。 ある日、旦那さんとキャバ嬢がしているLINEのやりとりを見てしまったという投稿者のママは、下心満載なその...
「良い奥さん、辞めました」
私の旦那が帰ってきたら 私のお母さんが、「おかえりなさいー! お疲れさまです。疲れたでしょ? 大丈夫? お腹空いたでしょ」と……私の20倍、旦那に気を遣います。 私はお母さ...
「旦那様の職業なに?」ママ友から聞かれた際の答え方とは
ママ友に「旦那さん何やってる人?」と聞かれたことはありますか? こう聞かれると大概の場合、旦那様の職業を答えることになりますね。 旦那様の職業がテーマとなると、打ち解けた人とならただの世...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那と結婚する前の自分に一言