いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

とりあえずは、ありがとう……!家事を手伝ってくれる旦那さんへのママたちの本音とは #産後カルタ

言いたいことはあるけれど

夫婦共働きのご家庭が珍しくない時代になりましたね。女性はどんどん「家計を支えるための仕事」という領域に進出していっています。しかし、男性側の「家庭を維持するための家事」という領域への進出は、それほど進んでいないのかもしれません。もちろん中には家事も仕事も夫婦で等分といえるほど分担しているご家庭もあるでしょう。ただ、世の中のママさんたちが評価する旦那さんがやってくれた家事は、合格ラインに達しないこともあるようです。
ママたちから旦那さんの家事に対する本音が漏れ聞こえてきました。

『中途半端に片付ける旦那にイライラ! 洗濯をしてくれたはいいけど、ゴミネットのクズは洗濯機の上に放置。洗面台のゴミ取りも詰まると外して置いてある。シャンプーなど私が買ってきて目を離した隙に、収納場所にしまうけどグチャグチャに押し込んである。気付かずに後日あけた時に何これ!? てなる。やろうとはしているから文句いうのもなぁとイライラしてしまいます』

ママは「家事の熱血教師」!?旦那さんに家事を指導した体験談

『うちは、教え込みましたよ。やらなくていいよって絶対言わないにしている。私が苦労するだけだから。今はいい感じにできるようになりました。プライド高いから、言い方には気をつけないといけないけどね』

『私めっちゃ文句言う! 手抜きが許せないから! やり終えた後、~やりましたっ! って報告してくるから私がチェックしてオッケェー! みたいなやりとりしているけど、最初は喧嘩していた』

旦那さんがやる家事を「熱血指導」で鍛え上げたママたちからの体験談が寄せられました。旦那さんの家事の成果について不満がある場合「やらなくていい!」ということは簡単かもしれません。しかし、それではいつまで経っても旦那さんは「家庭の戦力」として成長しませんよね。ママが健康でいるうちは問題ないかもしれませんが、ママが病気になったり長期で家を空けたりするような緊急事態になったとき、旦那さんが家事をできなければたちまち行き詰ってしまいます。場合によっては子どもたちにも影響が出てしまうかもしれませんよね。ママたちのコメントのように、旦那さんに対する声のかけ方に気を付けるなど、手を変え品を変え旦那さんの家事の指導をすることを考えてもいいのかもしれません。

するかしないかではなく、できるかできないかが重要!旦那さんの「クオリティー低い問題」

『頼んだ時にしてくれる旦那がいい。頼んでないのに、良かれと思って勝手に家事されるのは嫌』

『夫の性格に左右されるかな。「やり方が違うからこうして欲しい」とお願いすると、「ごめん」と言って私のやり方に合わせてくれようとするから、家事をしてくれる夫は嬉しいよ。でも「やってあげているのに!」って言うタイプなら、家事は頼みたくないし、そんな夫なら家事はしなくて良いと思ったかも』

『するかしないかってより、ちゃんとできるかできないかが問題』

『自分と同じくらいかそれ以上にできる人じゃないなら、しない方がマシって思っちゃう』

ママたちは家事をする旦那さんと家事をしない旦那さんについて、「何もできない旦那さんは困る」と考えているようです。やり方についてもママが頼んだ時にスムーズに家事をやってほしい、というママがいました。旦那さん側からしても家事をやるトレーニングをしておけば、いざ緊急事態が起こってママが家事をできなくなったとしても冷静でいられるかもしれませんね。ママたちの共通意見としては、旦那さんが家事を「「やってあげている」という上から目線ならば、やらなくていい、と考えていることがわかりました。

家庭を維持するためには家事を誰かがやらなければいけませんね。そして家事を担うのはママだけでなくてもいいはずです。毎日の家事を旦那さんと等分に分担したい、とまではいけなくても、せめてママたちの手が追い付かないときくらいは手伝ってほしい、と願っているのではないでしょうか。あるいは、緊急事態が起こったときも家族が困らないように「家事のバックアップ要員」としての最低限の知識と実技を旦那さんに身に着けておいてほしいのではないでしょうか。家事をやってくれない、と旦那さんのことを嘆く前に「何かあったときのために、パパにも家事をひと通りできるようになってほしい。やり方を教えるから覚えてね」と話せば、少しずつ旦那さんも家事をやることへの意義を見出してくれるでしょう。まずは一緒に掃除をしたり洗濯物を干したりして身近でお手本を見せながら旦那さんと一緒に家事をしてみてはいかがでしょうか?

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・Michika

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

「一人暮らし」経験ありの旦那さんは家事ができる?ママたちのリアルな回答とは
旦那さんが家事をするご家庭が増えている中、あるママからこんな相談が 『最近は家事をしてくれる旦那さんが多いですが、家事が出来る旦那さんは、一人暮らし経験ある人ですか? 実家暮らしだけど、家...
旦那が「共働き」を望む理由。うちの旦那は甲斐性なし?
「共働きを望む旦那」というと、どんな想像をしますか?「男の甲斐性がない」という人も多いかもしれませんね。世の中、女性が専業主婦を望むことはあまりタブーとされないのに、男性側が共働きを望むと、まだまだ経...
旦那から「俺がいるとすぐに育児放棄する」と言われたママたちの悲しみ
旦那さんが朝から晩まで外で働いてきてくれるのはありがたいことだし、日々感謝してます。 でも、旦那さんがいるときに子どもがぐずりだしたら……家事などで手が空いていないときには旦那さんにあやしてほしいで...
参考トピ (by ママスタジアム
中途半端に片付ける旦那にイライラ
家事する夫としない夫、どっちがいい?