life

これぞ「母性」!?世の中の子どもが「天使」に見えるママたち #産後カルタ

k0517

子どもを産む前は「子どもが苦手」なママでも、いざ自分が子どもを産むと180度考え方が変わる、という話を聞いたことがありませんか? そしてママの中には自分の子どもだけではなく、ほかの子どもも無条件に「かわいい!」と思えるようになったケースもあるようです。

筆者もそのひとり。息子がどんどん成長していくので、息子より小さな子どもを見かけると、懐かしく思えてしまうのです。

ママたちからも、そんな「子どものかわいさ」についてコメントが集まりました。

声が受け入れられない!?産む前は「子どもが苦手だった」

『昔は子どもなんてうるさくて大嫌いで、子どもなんていらないって思っていた』

『今まで電車やバスに乗っている赤ちゃんがうるさくて嫌いだった』

ママたちの中には、子どもを産む前は「子どもが苦手だった」というコメントがありました。確かに子どもを育てるまえは、子どものはしゃぐ声はうるさい、と感じることもあるかもしれません。では、「子どもが苦手だった」ママたちは、子どもを産んでどのようにかわっていったのでしょうか。

産んでみて初めて気付く!子どものたまらない「可愛さ」

『可愛い! 他人の子も可愛いと思ってしまう』

『可愛い。賢くてもお馬鹿でもそれぞれ違った可愛さがある』

『可愛い。なんならよそんちの中学生とかでも可愛い』

『産んでから変わって分かるようになりましたよー! 今はどんな赤ちゃんも可愛いです』

ママの中には、よその中学生でもかわいい! と語るママもいました。さすがに中学生ともなれば、赤ちゃんのようなふわふわのほっぺや無垢な笑顔とは違っているでしょう。しかし、それでもやっぱりママにとっては「かわいい子ども」のようです。まるで親戚のような感覚でいらっしゃるのでしょうか。子どもが苦手だったけれど「産んだら可愛く見えるようになった!」というママもいます。

母親になると、ここまで世の中の子どもを受け入れられるようになるのか、とびっくりさせられますよね。子育ての苦労も幸せも経験しているママだからこそ、だとおもいます。ママになるということが、自分のそれまでの価値観に大きな変化をもたらしてくれるのです。もしかしたらこれを「母性」と呼ぶのかもしれませんね。

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・あい

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

命がけで生んでいます!ママたちの壮絶な出産体験 #産後カルタ
出産とひと言でいっても、病院到着後すぐに赤ちゃんが生まれた方や、陣痛が長かった方、やむを得ず帝王切開で出産した方など、だれひとりとして同じ出産はないでしょう。電車で出産したママさんがニュースに...
寝かせてください!「夜の営み」に対して、ママの本音が炸裂中 #産後カルタ
赤ちゃんを産んだママはすぐに育児に追われることになりますね。筆者は助産師さんから新生児期の赤ちゃんには2時間から3時間おきに授乳するようにと指導されました。ずっと時計とにらめっこして、常に緊張...
「大好きだけど、ごめんね……」子どもの愛情が重いと感じてしまうママたち #産後カルタ
子どもはママが大好き! もちろんママだって子どもは大好きです。しかしながら24時間365日一緒に過ごしていると、愛おしい我が子にだって「疲れたなぁ」と感じてしまうこともあるでしょう。ですがそん...
参考トピ (by ママスタジアム
はじめてのおつかいを見て「かわいいっ~」って高い声
自分が子供を産むまで子供が可愛いと