いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<価値観の違い?>無理して付き合う必要はない!当たり障りのない関係【第5話まんが:相手の気持ち】

前回からの続き。

仲良しママ友仲たがい_013

仲良しママ友仲たがい_014

仲良しママ友仲たがい_015
こうして、私とかおりちゃんママはだいち君ママとは疎遠の道を選びました。人によっては「小さなことで」と思うかもしれませんが、ずっとお付き合いをしていく自信がありませんでした。憎くなってしまう前に距離を置くことができて良かったと思います。子どものためのママ友といえど大人の人間関係。無理をしてでも付き合わないといけないわけではないと思います。でも……角が立たないように今でも挨拶はしていますよ。
ママ友は決して“友達”ではない。相手の欠点を指摘してまた仲良くなるなんてことはないと思うので、このまま当たり障りなくお付き合いをしていこうと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・crono 編集・荻野実紀子
【つぎ】の記事:<私の「山田部長」事件>カレシのスマホを覗いたら……?私のLINE登録名がおかしい!!【まんが】

バナー
※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<非常識ママ?>無理〜!仲良くなれない「公園の花を引っこ抜いて逃げるなんて……!」【前編まんが】
これは10年前のことです。ある日3歳の娘サナと公園に行くと、同じくらいの年齢の女の子が花壇のそばで遊んでいました。何気なく眺めていると……。 もうすぐで咲きそうなつぼみのパンジーを引っこ抜いてし...
<価値観の違い?>仲良くなれる人見つかったと思ったのに……疎遠に「私何かした?」【第1話まんが】
ママ友がいない日常は何かと不都合があります。例えば子どもを公園で遊ばせるにも、集団の中ひとりで遊ばせる勇気はない。子どもがお友だちと遊びたいと言っても、ママ同士が連絡先を交換していないと遊べないときも...
<怒らない育児の問題>初めてのママ友「うちの育児方針を知っておいてほしいの……」【第1話まんが】
私は優子。20代後半です。娘のさゆが2歳になったころにマンションを購入し、引っ越しをしました。それが半年前です。 引っ越しをしてすぐ、マンションの敷地内にあるちょっとした公園でさゆを遊ばせている...