いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<運転オンチな私にコーチが……?>「乗せて」と言われ。渋々だったけど……意外とアリ!?【まんが】

小学生の息子が所属するサッカーチームは、毎週末に練習や試合があり、遠出もしばしば。保護者が手分けして車を出し、子どもたちとコーチを連れて行きます。あるとき、最近就任したAコーチが同じマンションに住んでいるとわかります。そのため自然とAコーチに車での送迎を頼まれることに。
202301息子のコーチが私の運転を評価_出力_001

はじめてAコーチにうちの車に乗ってもらった日のことです。
「運転は苦手なのですみません」と念押しして、出発しました。本当に運転には自信がないからです。するとAコーチはリップサービスなのか、運転中ずっと褒めちぎってくれるのです!
202301息子のコーチが私の運転を評価_出力_002
帰りは疲れて息子は後部座席で寝ているなか、コーチはウトウトもせず、かなりの熱意を注いで私の運転を褒め続けてくれます。ただ普通に右折できただけだったり、狭い道を電柱をよけながら通っただけだったりでも。息子にAコーチについて聞いてみると……。

202301息子のコーチが私の運転を評価_出力_003
こうやって息子も褒めて伸ばしてもらっているんだろうとわかると、あらためて「いいコーチだな」と思えました。Aコーチは50代くらいと聞いています。素直に他人を褒められるなんてなかなかできないことだと感心しました。実は息子が大きくなってくると、褒める子育てを少し気恥ずかしいと思うことが多かったのです。それが私もAコーチに褒められるとうれしくて、何歳になっても褒められるって気持ちがいいものだと実感できました。もっと息子や周りの人を褒めたり、素直に感謝したりしたいと思うようになりました。

ちなみにですが、Aコーチは運転免許を持っていません(笑)。

脚本・rollingdell 作画・べるこ 編集・秋澄乃
【つぎ】の記事:<子どもの「断り方トレーニング」>雨の日の登下校。「乗せてあげる」ママ友の誘い【前編まんが】

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

関連記事

<子どもの「断り方トレーニング」>雨の日の登下校。「乗せてあげる」ママ友の誘い【前編まんが】
雨がひどい日は、朝送るだけではなく、お迎えにいく親御さんも多いようです。ただお迎えの場合、登校班のグループにLINEを入れるというルールがあるわけではないので、誰がお迎えだったか誰が歩いて帰ったか...
<野球少年、父の圧>選手としての過剰な期待「息子を特待生にして」コーチを詰める夫【第1話まんが】
今から2年ほど前のことです。私には中学2年生になる息子がいます。息子は夫の影響で野球をはじめました。 私は夫の様子にウンザリしました。息子も恥ずかしそうに下を向くだけ。典型的なク...
<体育会系ルール?>「上のメンバーに挨拶しろ!」スポーツクラブの上下関係にうんざり【前編】まんが
子どもがスポーツ少年団(野球)に入ることになりました。近所にすんでいるママ友の子どもが通うことになったとのことで「一緒に入ろうよ!」と子ども同士で約束をしたそうです。部費も安いし、子どもが入りたいと言...